ベネズエラ戦【辛口採点】2014年9月9日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saitennキリンチャレンジカップ2014 ベネズエラ戦

出場した各日本代表選手・アギーレ新監督ベネズエラ代表でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

アギーレジャパン第2戦!!辛口で採点します!

 

 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

点数は全体のパフォーマンスではなく試合の結果に関与した度合を優先しています。

 

 

日本代表 キリンチャレンジカップ2014 ベネズエラ代表戦  辛口採点

 

 

アギーレ 監督    5点

・初戦・2戦と結果を残せなかったのは残念。

・特にこの2戦目で日本人選手に対し様々なメッセージを送れたのが一番の収穫・

目的だったのでは。

・ウルグアイという強豪相手に初戦であたるという難しいシュチュエーションで何も

出来なかったが、ベネズエラ戦で上手く決まりごとを作りこみ、ベースとなる形を見せれた

のは素晴らしい。

・基本3枚しか変えないやり方を続けるのか分からないが交代は上手くはまっていたと思う。

・翌年のアジアカップ・2018年ロシアW杯までの長いプロセスの中で、結果的に良い

スタートだったと言えるようにして欲しい。

 

スターティングメンバー

 

GK

1 川島永嗣    

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

・2失点目はミスと言わざるを得ない。

が、一見イージーなミス、簡単なシュートに見えるかもしれないが、

長い距離からのブレ玉や延びるシュートで、スピードも速くなく真正面に飛んでくる

シュートというのは実は対応が難しい。

ギリギリの所で延びて軌道が変化する弾道を見極めキャッチングではなく弾きにいく

選択が出来ていれば直接の失点は避けられたのでは。

・引き分けになる大きなミスをしたが、3失点分くらいのビックセーブがあったことを忘れてはいけない。シュートストップ能力は日本人GKでずば抜けている。

 

DF

5 長友佑都     5.5

【インテル・ミラノ (イタリア・セリエA)】

・運動力豊富で攻守でチームの基盤となった。

・岡崎へ決定的なクロスを上げたが、もう数本は効果的なクロスを上げて欲しい。

・初めてプレーする選手となので難しかったが、サイドでアンパイなボールの動かし方

が多かったのでコンビネーションで崩す場面を増やしていって欲しい。

 

2 水本裕貴     

【サンフレッチェ広島】

・PKを与えたプレー、PKの場面を作ったパスミス。

引き分けという結果に繋がる大きなミスだが、その他のプレーは安定したプレーを

していたことは評価されるべき。

・パスミスの場面はシンプルに繋ぎたいという気持ちが強すぎた。

CBとしてリスクを負わず繋がらずともFWに裏に走り出させるパスか、

距離は長いがこねてGKまで下げるかが正しい選択か。

・PKの場面は誘われていたので我慢したかった。Jリーグならボールにいけていた

ということか。

 

22 吉田麻也     6.5

【サウサンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

・リーダーシップをとってラインをコントロール出来ていた。

・守備の面ではボールを奪いきるプレーをみせていたし、跳ね返すことも出来ていた。

・攻撃の面でも正確なサイドへのロングフィードをみせていた。

 

3 酒井剛徳    

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

 ・ウルグアイ戦の酒井宏樹同様守備での対人の強さはみせたが、

攻撃の面で物足りなさを感じた。

・素晴らしい個人での突破やコンビネーションでのサイド突破があっただけにクロスの

質が低かったことが残念。

・運動量が豊富でサイドの守備でチームを機能させた。

 

MF

13 細貝萌    6.5

【ヘルタ・ベルリン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・2戦とも先発に連ねるだけの気持ちの入ったパフォーマンスをみせた。

・アギーレ監督の一番好きなタイプのプレーヤーなのかもしれない。

・守備での対人の強さとプレスにいくスピードと距離感は代表の基準となって欲しい

ほど素晴らしかった。

・攻撃の面で裏へぬける動き以外にもシュートまでもっていく形を持ち合わせたい。

 

 

7 柴崎岳    6.5

【鹿島アントラーズ】

・1得点。

・得点の場面はよく作り出されたスペースを見つけ長い距離を走りこみ正確なシュート

を打てた素晴らしいゴール。

・FKのチャンスを作る前線でのキープからのパスなど良い仕事もあったが、試合を

通してもっとボールに絡みゲームを作って欲しかった。

・低い位置に入ってボールを受けるのではなくボールより前の位置のスペースに

顔を上手く出せていたので回数をこなすことで見てもらえてボールも引き出せるのでは。

 

6 森重真人    

【FC東京】

・CBの前のポジションで上手く相手の使いたそうなスペースを消し、

バイタル・バイタルの前のエリアで上手く入って来るボールを潰せていた。

・ビルドアップに関してもウルグアイ戦より上手く絡めていた。

 

FW

4 本田圭佑     

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

・ポストに当てる惜しいFKあったが無得点。

・2得点とも本田の適切なフリーランがあったからこそ生まれたゴールだった。

・守備も帰らなきゃいけない場面を適切に見極めプレー出来ていた。

 

18 大迫勇也    

【ケルン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・ポストプレイヤーとしては10点満点に近い素晴らしい出来だった。

が大迫だけの問題ではないがシュートまでもっていく場面をFWとして作り出したかった。

 

11 柿谷曜一朗    4.5

【FCバーゼル(スイス・スーパーリーグ)】】

・らしさは垣間見せたが、決定的な仕事が出来なかったことでアピールにはならなかった。

・スピードの変化でチャンスを作り出せそうな場面はいくつか作れていた。

・裏のスペースがケアされている中で何が出来るか。

 

途中出場

 

9 岡崎慎司    6.5

【マインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半00分から大迫に代わり出場。

・1アシスト

・アシストの場面はサイドでの突破と正確なクロスと視野の広さをみせた素晴らしいプレー。

・前線で起点となり幾度もボールを引き出していた。

・長友からのアーリークロスは点取り屋として決めて見せたかった。

 

14 武藤嘉紀    6.5

【FC東京】

・後半00分から柿谷に代わり出場。

・1得点。

・ゴールは空いたスペースへスピードをもって入り、中に流れながら逆のニアへ

強いボールをコースへ打ち込むGKの逆を突く素晴らしいシュート。

・攻守においてスピード感のあるプレーをみせた。

・ゴール前でもっと繊細なタッチが出来れば決定的なアシストも増えるのでは。

 

8 田中順也    

【スポルティング・リスボン(ポルトガル・プリメイラ・リーガ)】

・後半30分に細貝と代わり出場。

・チームなかなかボールが保持できなくなった状態で入り、身体を張って高い位置で

ボールを収め捌いていたので求められたパフォーマンスは出来たのでは。

・シュートなど決定的な仕事を見せたかったが、左足をケアされていた。

短い時間で難しいがゴール前にもっと入り込むプレーが見たかった。

 

出場せず

 

GK

12 西川周作

【浦和レッズ】

23 林彰洋

【サガン鳥栖】

DF

21 酒井宏樹

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

15 坂井達弥

【サガン鳥栖】

16 松原健

【アルビレックス新潟】

MF

10 森岡亮太

【ヴィッセル神戸】

20 扇原貴宏

【セレッソ大阪】

FW

19 皆川佑介

【サンフレッチェ広島】

 

 

ベネズエラ戦【試合結果詳細・ハイライト動画】はこちら

スポンサードリンク

 

 

ウルグアイ戦【試合結果・メンバー&ハイライト動画】詳細はこちら!!

 

ウルグアイ戦【辛口採点】はこちら!!結果を残したのは誰だ!?

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す