UAE戦【辛口採点】アジア杯2015年1月23日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saitennAFCアジアカップ2015オーストラリア       

UAE戦      【準々決勝】

出場した各日本代表選手・アギーレ監督のアラブ首長国連邦・UAE代表でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

辛口で採点します!

 

 

スポンサーリンク



採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

点数は全体のパフォーマンスよりも試合の結果に関与した度合を優先しています。

 

日本代表 AFCアジアカップ2015 UAE代表戦  辛口採点

 

 

アギーレ 監督    4点

・失点するまでの立ち上がりのプランでUAEの監督に先手・上手を取られた感が否めない。

早い時間帯に得点し守りを固めれば日本は簡単には得点は奪えないことは分かっていたはずなので、相手の理想的な状態を長い間続けてしまった。

交代策は乾はスペースが無いので、中でスピードとフィジカルでシンプルにやりきれる武藤の方が活きるという判断は当たり、左サイドからチャンスを前半より作り出していた。

柴崎岳の早い時間の投入はアギーレ監督の早い決断が素晴らしかった。

交代選手がしっかり結果を残したという面ではアギーレ監督を評価出来る面ではないか。

長友の怪我も延長なので交代策の問題ではないし、その後のポジション変更も妥当。

 

スターティングメンバー

 

GK

1 川島永嗣    4点

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

・PK戦で相手の1本のミスシュートにはしっかり川島がコースを合わせていたことにより厳しいコースを狙わざるを得なくなり外した一面もある。

前半早々失点し、それ以降ほとんど攻められなかったことによってGKにリズムが生まれなかったのも含めなかなかGKにとっては難しい試合・大会だった。

失点に関してはGKとしての対応にミスはなくノーチャンスに近い場面。

難しいがDFラインの背後を失点以前もいいように使われていたのでCBを上手くマネジメント出来ていれば・・・

 

DF

5 長友佑都    4点

【インテル・ミラノ(イタリア・セリエA)】

・怪我は様々な面で残念だがサッカーなのでしょうがない。

それ以前のパフォーマンスが縦に入りクロスを上げきれるプレーは相変わらず素晴らしく個でチャンスをクリエイト出来た少ない選手だった。

ただ中へ切り込むプレーでは質を落とし詰まる場面を生んでいた。

そうとうな上下動で攻守に常に顔を出していた。

 

6 森重真人    3点

【FC東京】

・失点場面は吉田との間に入られて裏に抜けられて・・・という形だったが高徳を含め3人で2人のFWを観る状況で高徳が絞れていて外のFW1枚を観れていた状態なだけに森重のポジショニングが外に流れ過ぎていたと言える。

左サイドには相手選手がいなかったのでFW1枚を吉田と挟み込む形で・体の向きで対応すればボールに触れたか吉田と挟み込みが出来たかもしれない。

セットプレーのチャンスが多く森重にもチャンスはあったので1本はものにしたかった。

 

22 吉田麻也    3点

【サウザンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

・失点以前から裏をつかれピンチを作られていたが相手のミスに救われていただけに、対応能力をみせて欲しかった。

相手FWの抜け方から吉田が付いていかなければいけなく、出だしの対応スピードが遅くファーサイドを切ることが出来なかった。せめてファーを切れるポジションにまでは入る対応をしないと確実に失点となる場面だった。

ビルドアップは森重と共にCBが持ち出すことによって展開を早めていた。

 

21 酒井高徳    3点

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

・守備の判断の質が低かった。どこでチャレンジすれば奪えるのか、どこを切ればチームとして奪えるのかといった状況判断面が内田篤人に劣る部分か。

スプリント能力とフィジカルの強さはサイドで大きなストロングポイントとなっていた。

様々なクロスから相手を揺さぶっていたが、質が足りず決定機にはならなかった。

 

MF

17 長谷部誠    5点

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・アンカーとしてバランスを取り続けボールを動かしていた。

良いシュートも放っていたが、ミドルレンジからもっと危険なシュートが打てたらチームとして楽になるが・・・

 

10 香川真司    2点

【ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)】

PKを外した。

シュートチャンスをものに出来なかった。

ボールをキープしタメを作りサイドへ展開するプレーは良いアクセントとなっていた。

中へ入り過ぎで左サイドでもっとチャンスを作る・関わるプレーが必要だった。

 

7 遠藤保仁    4点

【ガンバ大阪】

相手の危険なところに常に入るプレーでチャンスを作り出していた。

大会を通して遠藤の裏への抜け出しにしっかり合わせられる選手がいなかったのが残念。

後半立ち上がりにも右サイドから完全な決定機のクロスを武藤に上げていた。

結果的に交代で入った柴崎岳がゴールを決めていたが決定機を演出していただけに本人も不完全燃焼では。

 

FW

9 岡崎慎司    3点

【マインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・降りてきてターゲットになるプレーは出来ていたがスペースが無い中潰れる場面が増えボールに絡めなかった。

これだけ攻め込みながらもシュートが1本しかなかったことが上手く崩せていなかった証拠。

 

4 本田圭佑    3点

【ACミラン(イタリア・セリエA)】

・上手くバイタルエリアでターゲットになり柴崎へ良い落としでアシストした。

シュートまでいけていただけに枠へ飛ばせなかったことが残念。6本のシュートの内枠内が1本だけだった。

PKを外した。

 

18 乾貴士    2点

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半00分に武藤嘉紀と交代。

スペースが無い中でシュートまでいく場面もあり積極性は良かったが、決め切る力が観えなかった。

 

途中出場

14 武藤嘉紀    3.5点

【FC東京】

・決定機を決めれず。

決定機を作ろうとするプレーの意識が強く感じた。自身が決め切るというゴールへの意識をもっと強めて欲しい。

シュートやクロスへのイメージは見えたので質を高めたい。

 

20 柴崎岳    5.5点

【鹿島アントラーズ】

・後半09分に遠藤保仁と代わり出場。

1ゴール。

決定的な場面を自らの動きで作り出し仕留めてみせた。

後半・延長の厳しい時間帯でもしっかり運動量を保ち自身が中心でボールを動かせていた。

FKやミドルシュートなど試合を決めれる場面もあっただけに残念。

 

11 豊田陽平    2点

【サガン鳥栖】

・後半20分から岡崎慎司と代わり出場。

幾度かあった決定機を決め切れず。

前線でのターゲットになる動きやクロスに対する動きは素晴らしくチャンスを生み出していたが、FWとしてゴールが取れなければ意味がない。

 

出場せず

 

GK

12 西川周作

【浦和レッズ】

23 東口順昭

【ガンバ大阪】

DF

3 大田宏介

【FC東京】

16 塩谷司

【サンフレッチェ広島】

2 植田直通

【鹿島アントラーズ】

19 昌子源

【鹿島アントラーズ】

MF

15 今野泰幸

【ガンバ大阪】

8 清武弘嗣

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

FW

19 小林悠

【川崎フロンターレ】

 

 

UAE戦【試合結果詳細・ハイライト動画】はこちら

 

準決勝 オーストラリア戦【放送予定・試合結果・&ハイライト動画】詳細はこちら!!

 

オーストラリア戦【辛口採点】はこちら!!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す