【スタメン予想】シンガポール戦 2015/6/16 サッカー日本代表

スポンサーリンク

 

yoshidamaya142015年6月16日(火)に行われるサッカー日本代表

シンガポール戦スタメン予想です。

本田圭佑・香川真司・宇佐美貴史らの出場はあるのでしょうか?

 

 

6月16日(火)19:30キックオフのこのシンガポール戦はアジア2次予選の

重要な初戦になります。

シンガポール代表はFIFAランキングも154カ国でワールドカップにも出場

したことのない国ですが、侮れない国です。

シンガポール代表の注目選手・詳しい情報はこちら

 

なぜ侮れないかと言うと、確かに通算成績は20勝1分け3敗と大きく勝ち越して

いますが、直近の試合結果を観てみると、

2004年のワールドカップ予選でホームで1-0、アウェイで2-1と

どちらも辛勝と呼べるものでした。

アウェイでの試合なんか後半37分になんとか藤田俊哉選手が決めて

勝ち越したぎりぎりの勝利でした。覚えている方も多いのではないでしょうか?

 

 

敗北こそ30年以上前の試合の話ですが、今回のW杯2018ロシアアジア2次予選

グループEの対戦国で唯一敗北している国がシンガポールです。

最多得点差の試合も5-0とありますが、シンガポール代表との試合は大抵

1-0などの僅差での闘いとなってきました。

 

 

この話を聞けばそう簡単な試合にはならなそうな感じがしますよね!

大事な初戦、スタメンのメンバーもとても大事ですよね!

スタメンを予想してみます!

実際のシンガポール戦スタメンはこちら!大田スタメン、長友ベンチ!【速報】 

 

シンガポール戦 日本代表 招集メンバー

 

まずは今回のイラク戦・シンガポール戦に招集された26名の選手リストがこちらです。

GK

1 川島永嗣

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

12 西川周作

【浦和レッズ】

24 東口順昭

【ガンバ大阪】

23 権田修一

【FC東京】

DF

5 長友佑都

【インテル・ミラノ(イタリア・セリエA)】

22 吉田麻也

【サウザンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

6 森重真人

【FC東京】

21 酒井高徳

【VfBシュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

3 大田宏介

【FC東京】

19 酒井宏樹

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

15 丹羽大輝 New!

【ガンバ大阪】

MF

17 長谷部誠

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

10 香川真司

【ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)】

13 清武弘嗣 (右足中足骨骨折の為離脱)

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

16 山口蛍

【セレッソ大阪】

2 谷口彰悟 New!

【川崎フロンターレ】

FW

14 武藤嘉紀

【FC東京】

9 岡崎慎司

【マインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

18 大迫勇也 New!

【1.FCケルン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

20 川又堅碁 (右太ももの打撲で離脱)

【名古屋グランパス】

8 原口元気

【ヘルタ(ドイツ・ブンデスリーガ)】

26 永井謙佑 (追加招集)

【名古屋グランパス】

 

 

6/16シンガポール戦 日本代表 スタメン予想

 

フォーメーション 4-2-3-1

スタメン11人

GK

1 川島永嗣

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

DF

5 長友佑都

【インテル・ミラノ(イタリア・セリエA)】

22 吉田麻也

【サウザンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

20 槙野智章

【浦和レッズ】

19 酒井宏樹

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

MF

17 長谷部誠

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

7 柴崎岳

【鹿島アントラーズ】

FW

4 本田圭佑

【ACミラン(イタリア・セリエA)】

10 香川真司

【ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)】

11 宇佐美貴史

【ガンバ大阪】

9 岡崎慎司

【マインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

 

予想するにあたって配慮した点は・・・

 

1、6月11日のイラク戦で4-0、かつ前半の出来が良かったのでスタメンは

変えないのではないか。

2、新たな怪我人もいなさそう。

3、いじるならトップ下・左サイドハーフ。

 

 

基本的には良い形で勝利したイラク戦からスタメンを変える必要はないのかなと思います。

後ろのメンバーを変えるのはリスクに繋がるので、変えるなら香川真司選手・

宇佐美貴史選手でしょうけど・・・清武弘嗣選手が骨折で離脱してしまっている

ことと武藤嘉紀選手のコンディションもそこまでよくないのでスタメンは変えずに

後半前線メンバーをいじるのが妥当ではないでしょうか。

 

 

3枚の交代枠を試合展開に合わせてハリル監督がどのように使っていくのか

も大きな見どころです。

勝利にこだわり、かつ2018年のW杯への強化を感じられる試合が観たい

ですね!

【速報】シンガポール戦のスタメン・試合結果の速報はこちら!

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す