サッカー ブルガリア戦 レビュー【内田篤人選手(ウッチー)】先発!

スポンサーリンク

 

JP1

 

2013年5月30日 キリンチャレンジカップ ブルガリア代表戦のレビューです。

 

 

日本代表最初から3-4-3できましたね!

 

おおよその予想としては最初は4-2-3-1のフォーメーションでいくというものだったのですが。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

最初は3バック三枚(左に今野、真ん中が栗原、右に吉田)とサイドハーフの右の内田、左の駒野、ボランチも含めてですけど、上手く相手をつかみきれていなかったですね。

 

最この立ち上がりで失点することは次のオーストラリア戦では許されないので修正しなければいけないですね。

 

JP3

 

立ち上がりの前半4分という早い時間帯でペナルティーエリア左手前約20メートルの地点のFKから直接ブレ玉で失点してしまいました。

 

GK川島選手もパンチングで触ったのですがはじいてそのままゴールへ。

 

 

川島選手の身体の動きとは逆にはじいてしまいましたね。

 

 

GKの川島選手の目線で考えると、早く動き過ぎた。これに尽きるのかなと。

 

 

逆に考えるとシュートが遅かったんですよね。

 

 

普通のシュートなら速ければ速いほど入る確率は上がります。

 

 

しかしブレ玉に限っては別です。例え遅くてもブレ率が高ければ入ってしまいます。

逆にスピードが速いブレ玉はぶれる前に処理することも可能になりますからね。

 

あの場面はブレ玉を蹴りそうなスタンスでキッカーがかまえていましたので、ブレ玉を予想してもうひとつ動くのを我慢して対応するべきだったと考えます。

 

JP2

 

内田篤人選手(ウッチー)は4バックの時よりも攻撃の際は高い位置で受けれるので生き生きとしていますね。

 

ただウッチーがボールを受けた時にいてほしい所に味方が入ってきてくれていない感じがしますね。

 

しかしあいかわらず内田選手は『上手い』選手ですね。ハードワークが必要な場面は誰よりもハードワークし、抜くところは抜く。上手いですね。

 

JP5

 

 

前半は0-1で終了です。

 

FKとコーナーでかなりチャンスを作られてしまいました。

 

内田篤人(ウッチー)選手前半でお役御免でしたね。

 

疲労面を考えてのことでしょう。

 

JP4

 

 

FKから長谷部選手のオウンゴールでの

 

0-2で負けてしまいました。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す