5月30日 ブルガリア戦【メンバー予想】です!!

スポンサーリンク

 

JP22013年5月30日キリンチャレンジカップブルガリア代表戦のサッカー日本代表のスターティングメンバー予想を前日5月29日に行います!

豊田スタジアム(愛知) 19:20分キックオフ予定です!

 

 

スポンサードリンク

 

 

フォーメーションは4-2-3-1と予想します。

 

今回の合宿中に日本代表は3-4-3を久しぶりに28日の練習の中で試したようですが、スタートはこれまで継続してきた形で臨むでしょう。

後半、もしくは次のオーストラリア戦でW杯出場を決め、消化試合になるアジア最終予選の最終試合イラク戦で3-4-3を試すのではないかと予想します。

ちなみに前回3-4-3を使用したのは2011年11月15日のW杯アジア3次予選の北朝鮮戦で後半途中からです。もう1年半も前ですね。

ザッケローニ監督は3-4-3にシステムをこの試合で試す時間があるかを確認したいと述べているようですね。

今後オプションは必ず必要になるでしょうからこの試合で試す機会があればと思います。

そろそろメンバーについて・・・

 

まずはGKから!

 

川島永嗣 選手 (スタンダール・リエージュ、ベルギー)

 

ここは川島選手で間違いないでしょう。オーストラリア戦で出場するのはこれまでの実績を考えたら川島選手で間違いないでしょうから、GKに関しては調整試合で別の選手を使う理由はないので決まりでしょう。

 

次はDF

センターバック2人は

 

吉田麻也 選手 (サウサンプトン、イングランド・プレミアリーグ)

 

今野泰幸 選手 (ガンバ大阪)

 

吉田選手は前回アウェーでのヨルダン戦の失点でぶっちぎられてしまったのはプレミアリーグでプレーしている選手としては残念でしたが、スターティングメンバーを外れることはないでしょう。

4バックならセンターバックの右、3バックに変わればそのまま右に入るでしょう。

世界一といってもいいイングランド・プレミアリーグで日本人選手のセンターバックとして初めて年間通して主力としてプレーした実力を是非代表で見せて欲しいですね。ちなみに32試合に出てしっかり残留という結果を残しています。

シーズン終盤に股関節周辺の痛みに悩まされていたようですが軽傷だったようなので大丈夫でしょう。

 

今野選手はガンバ大阪が昨年降格してしまった影響はありますが、遠藤選手と同様、これまでの経歴から出場があるのではと思います。

 

サイドバックは

右サイドバックは内田篤人選手

 

左サイドバックは長友佑都選手

 

内田選手は日本代表に招集される直前まで所属チームでトレーニングマッチがあり疲労もあるようですし、長友選手も怪我あけですから途中交代があるのではないでしょうか。

 

MF

遠藤保仁 選手

長谷部誠 選手

 

4-2-3-1のフォーメーションだとMFが2枚扱いなんですね。

個人的にはあまりしっくりいませんが・・・

 

FW

ワントップは

前田遼一 選手で確定かなと思います。

 

3シャドウとでも言えばいいのでしょうか。

後の3枚のFWは

 

左に 香川真司 選手

真ん中に 中村憲吾 選手

右に 清武弘嗣 選手

 

を予想します!!

 

 

かなり無難な予想になりましたが、次のオーストラリア戦の調整試合という面を考えるとスタメンはこれまでアジア予選を勝ち抜いてきたメンバーでいくのではないでしょうか。

 

6月4日と中4日で大一番が控えているので、後半から大幅に選手交代があるでしょう。

 

 

楽しみです!!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す