【辛口採点】なでしこジャパンvsスイス戦【W杯2015カナダ】

スポンサーリンク

 

saitenn3なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)W杯カナダ大会グループリーグ初戦

スイス女子代表戦辛口採点です。なでしこジャパンの選手・監督の

プレー・パフォーマンスを辛口で採点します。

 

 

 

2015年6月9日(火)11時00分キックオフ【日本時間】

2015FIFA女子ワールドカップ グループC第1戦

スイス女子代表

スイス女子代表の詳しい情報・注目選手はこちら

 

 

採点させていただきます。

点数はパフォーマンスの善し悪しよりも勝敗にどれだけ関与したかを優先して判断しています。

内容は課題点・問題点中心に辛口で分析し、解説・採点します。

 

なでしこジャパン スイス戦 辛口採

 

佐々木則夫 監督    6.5点

 

・ワールドカップの初戦という難しい試合で、狙っていたゲームプラン通りに

進まない時間帯が長かったなかで無事勝ち点3を手堅く獲得出来たことは素晴らしかった。

前半の時点で安藤梢が怪我で交代せざるをえなかったことで交代策も

難しくなり、川村優理を入れざるを得なくなったのは今のチームの厳しさを

物語っている。他に守備のテコ入れで変える選手がいなく、宇津木も動かせない

状況だったので川村の投入は仕方ないが、大儀見 優季にボールが収まらない、

菅澤優衣香に収まってもパスを繋げない状況では縦パスもなくボールを動かせないので、

逃げ切りの時間の消化の為の川澄奈穂美の投入ではなく、川澄を同時投入

で入れ右サイドでボールの収まりどころを作れば後半中ごろのスイス

に攻め込まれ続ける時間帯もなかったのでは。

残念ながら狙いどおりの勝ち点3ではなく、スイス女子代表のミスによって

拾った勝ち点3と言える。

次戦での改善に期待したい。

 

スターティングメンバー

GK

21 山根 恵里奈    5点

【ジェフユナイテッド市原・千葉レディース】

・無失点。

前半の裏へ抜け出された選手に対し正しいタイミングで飛び出ししっかり

シュートコースを消してビッグセーブをしてみせた。

クロスへの対応も積極的で守備範囲も広かった。

ただ唯一のクロスのファンブルが相手の足もとに渡り大きなピンチを招いた。

10本クロスを処理しても1本のミスで試合を台無しにしてしまうのがGKという

難しいポジションなので、相手当たられてもいないイージーなミスだったので

集中力と身体の動かし方を改善したい。

プレスキックでのイージーなミスも数本あり、チームの流れを崩した。

 

DF

13 宇津木瑠美    7点

【モンペリエHSC(フランス)】

スイス代表が日本代表の左サイドを主に狙ってきていただけに、

宇津木の守備力の高さが目立った。同サイドの宮間が高い位置をとったり

中へ入ったりする中で大きなスペースや相手2枚を見なければいけない状況も

多々あったが上手く対応していた。

上がり過ぎるなとい指示のもとだろうがもう少し攻撃参加出来ていれば

効果的なクロスが上げれたのでは。

 

3 岩清水 梓    4点

【日テレ・ベレーザ】

・失点こそしなかったもののスイス代表の10番や11番に先手先手を取られて

多くのピンチを招いた。

DFリーダーとしてラインコントロールはしっかりしていて、しっかりブロックを

作れていたことでスピードのある選手にスペースを与えなかった。

DFラインがブロックを作るのはいいがボランチの選手のポジショニングまで

しっかり指示してボールホルダーに対してプレスに早くいかせないと今後は

ミドルで失点する。

味方のポジショニングが悪かったが、危険なビルドアップミスもあった。

 

4 熊谷紗希    5点

【オリンピック・リヨン(フランス)】

・集中してセンターバックらしくセーフティーファーストなプレーの選択が出来ていた。

しっかり横だけではなくFWへの縦パスもつけれていた。

クロスを放り込まれた際もしっかり人に付けていたので相手に

シュートチャンスを与えることも無かった。

 

19 有吉 佐織    6点

【日テレ・ベレーザ】

・得点にこそならなかったが、決定機を何本か作り出した。

判断の質も高く、運動量も多く高い位置までしっかり顔を出していた。

攻守に置いて積極的にプレーし、フィジカルの強さで相手に競り勝ちチャンス

を作り出し、ボールを奪い取った。

 

MF

8 宮間 あや    7点

【岡山湯郷Belle】

・まだ早い時間で0-0だったがW杯初戦というプレッシャーのかかる局面で

確実にPKを決めてみせた。結局このゴールが決勝ゴールに。

サイドでは良い状態でボールを受けれる場面も少なく仕掛けられなかった。

CKが5本、FKも遠い距離からではあったが数本あっただけにゾーンで守る

相手の間にもっと質の高いボールを入れたかった。

宮間一人の問題ではないが左サイドに大きなスペースを相手に与えることが

多かったのでそこは次戦までに改善しないとスピードある相手にはやられる。

 

10 澤穂希    4点

【INAC神戸レオネッサ】

・ここ数試合多くを観きれていないのか判断が悪いのかパスミスが多い。

1本は澤厳しいパスから相手の10番の5人抜きドリブルを許し決定機を与えてしまった。

もっと思い切ったプレーが観たい。

 

6 阪口 夢穂    4点

【日テレ・ベレーザ】

・ビルドアップの中心として上手くボールをさばき、なかなかボールを支配出来ない

中でDFラインまで落ちたり工夫をしなんとかポゼッションを高めようとした。

PA内での決定機が2本あったがどちらも決め切れず。苦しい試合展開にしてしまった。

 

7 安藤梢    8点

【1.FFCフランクフルト(ドイツ)】

・値千金のPK獲得。

怪我をしたのは今後に響くが、このPKで勝利・勝ち点3を獲得できたことが

グループリーグ残りの2試合に与える良い影響は計り知れない。

怪我が軽いこと、残りの試合に出場出来ることを心より願う。

 

FW

11 大野 忍    6点

【INAC神戸レオネッサ】

・このW杯初戦に本当にコンデションを合わせてきたなという選手の一人。

一つ一つのプレーの質が高く、シュートチャンスもあっただけに枠には飛ばしたかった。

運動量も多く守備でも低い位置までしっかり戻り右サイドハーフとしての

仕事をきっちりこなしていた。

残念だったのは安藤が怪我で菅澤と交代になった為にFWの位置に入れ変わり

で入っていくことが出来なくなった点。

 

17 大儀見 優季    3点

【VfLヴォルフスブルグ(ドイツ)】

・ボールが収まらない、人を使えない、シューを打てない、と守備での

ハードワーク以外良いところがなかった。

相手のマークももちろん厳しかったがこれから更にコンディションを

上げれなければ交代も仕方ない。

 

途中出場

 

15 菅澤優衣香    

【ジェフユナイテッド市原・千葉レディース】

・前半31分から安藤梢と代わり出場。

ボールが収まるのはよかったが次のパスを上手く繋げない為に攻撃に

繋がらなかった。

ポストに当てた決定機もあのタイミングではコースがなかったがそもそも

トラップの位置が悪いからワンテンポシュートにいくのが遅れたから

シュートコースを消されていた。

動作スピードの遅さを技術の高さでカバーしたい。

 

20 川村優理    4点

【ベガルタ仙台レディース】

・後半11分に澤穂希と代わり出場。

守備範囲の広さとボールにアタック出来るという守備面では求められたもの

を発揮は出来た。

が、ビルドアップの面で大きな問題を起こした。

パスコースに顔を出すのが遅くボールを受けれず、受けても前を見れず

狙われている所にパスを出してしまい、相手に攻め込ませる要因になってしまった。

周りが川村が簡単にボールを捌けるようなポジショニングをとってあげないと

次は狙われてしまう。

 

9 川澄 奈穂美    5点

【INAC神戸レオネッサ】

・後半47分に大野忍と交代で出場。

ロスタイムの攻め込まれる難しい場面でPA内のクロスを冷静に処理してみせた。

 

スポンサーリンク



出場せず

GK

1 福元美穂

【岡山湯郷Bell】

18 海掘あゆみ

【INAC神戸レオネッサ】

DF

5 鮫島 彩

【INAC神戸レオネッサ】

2 近賀ゆかり

【INAC神戸レオネッサ】

12 上尾野辺めぐみ

【アルビレックス新潟レディース】

23 北原佳奈

【アルビレックス新潟レディース】

MF

22 永里亜紗乃

【1.FFCトゥルビーネ・ポツダム(ドイツ)】

14 田中明日奈

【INAC神戸レオネッサ】

FW

16 岩淵真奈

【FCバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)】

 

 

【W杯2015】スイスの動画・試合結果詳細はこちら!

 

W杯第2戦!カメルーン女子代表戦の日程・テレビ放送予定はこちら!

 

W杯2015カナダ大会の全日程をこちらでチェック!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す