東アジアカップ2013 中国女子代表戦 【辛口採点】 なでしこジャパン サッカー日本女子代表選手を採点・レビュー!

スポンサーリンク

 

saitenn東アジアカップ2013 第一戦、中国女子代表戦

出場した各日本女子代表選手監督の中国戦でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

なでしこジャパン辛口で採点します!

 

 

 

 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

 

2013年7月20日(土) 16:15 キックオフ

 

日本女子代表(なでしこジャパン)東アジアカップ          中国女子代表戦  辛口採点

 

 

佐々木則夫 監督     

 

スターティングメンバーの人選は無難に欧州遠征の2試合で良かったメンバーを選んだ。

スタートは実力通りのメンバーで臨み、

ある程度試合の流れを見て、若手をポイントポイントで

投入していったのは、

東アジアカップを優勝しにいきつつも、

若手にチャンスを与えチームの底上げをする

という2点を上手くクリア出来ていた采配だった。

 

前半早々で得点を取った安藤梢選手を予定通り変えたのに

疑問を持った方もいたかと思うが、

イージーなトラップミスや判断ミスが多かったことや、

中途半端なポジショニングで上手く右サイドバックの有吉選手と上手く噛み合っていなかったこと、

また、立ち上がりから試合の流れと相手選手との力関係を観るに

若手を入れても試合の流れを変えないポジション

安藤梢選手のポジションだったという2点の為の

交代は狙い通りにはまったのは結果が示している。

交代で入れた中島 依美選手得点という形でしっかり

結果を残したし、交代で入れた後の2人

田中 明日菜、岩渕 真奈両選手も及第点のプレーを見せた。

3試合の初戦を無難に結果を出し、

若手も積極的に使えたことは

流石ワールドカップ優勝させた指揮官と言える。

 

 

【スターティングメンバー】

 

GK

1 福元 美穂      

【岡山湯郷Belle】

 

決定的なピンチを作られる場面も少なく、安定した守備を見せていた。

欧州遠征でのドイツ戦で多かったパンチングでのミスが

この試合では修正されていた。

ショートパスはパスコースが多くあるときに油断して

雑になる以外は質のいいパスを出せていた。

課題のロングパスで、相手が来ていない場面で

無理して味方に合わせて蹴り、ミスをしショートカウンターを受け自ら危険な場面を作ってしまっていた。

 

 

DF

3 岩清水 梓    

【日テレ・ベレーザ】   (センターバック右)

 

スピードと高さを活かした安定した守備を見せた。

相手が前線からプレスに来ても落ちていてボールを

動かせていたし、相手が引いて守備を固めてきたときも

上手くDFラインで動かしつつ、熊谷紗希選手とコンビネーションで

センターバックからも前線にボールを入れることが出来ていた。

何よりも相手にチャンスを作らせなく無失点に抑えたことは

素晴らしい。

守備の場面で有吉佐織選手とのコンビネーションがまだまだ。

間が開く瞬間をなくさないと一流のFWにはやられる。

 

 

2 有吉 佐織      

【日テレ・ベレーザ】   (サイドバック右)

 

立ち上がり攻撃参加する場面で他の選手とイメージが

合わずパスミスになる場面があった。

その後修正し、リズムよくボールを動かせた。

守備の場面では良い対応を見せていたが、

逆サイドの宇津木瑠美選手が多く攻め上がり左サイドを

崩す中心にしている為攻撃参加出来る場面が少ない。

もっと効果的なタイミングでサポートに入りたい。

前半は特にサポートに入るタイミングが遅かった。

 

 

13 宇津木 瑠美   

【モンペリエHSC(フランス、Dアン・フェミナン)】 (サイドバック左)

 

悪くはないが物足りない印象。

守備の面でもマークについた相手選手に対ししっかり

身体を寄せて前をむかさせなかったし、

カバーも良く入れていたし

インターセプトへのチャレンジ

も積極的に出来ていた。

 

攻撃面でも川澄奈穂美選手とよいコンビネーションを築けていて、

面白いクロスを何本も上げれていた。

 

それでも物足りないのはやはり決定的な仕事が

出来ていないこと。

クロスの質や判断の質をもっと上げてアシスト、

ゴールといった結果を出せる選手の一人。

狙い過ぎたパスをカットされる場面も多かったので

シンプルに動かす時とチャレンジする場面の判断を

磨いて欲しい。

 

 

4 熊谷 紗希   

【オリンピック・リヨン(フランス、Dアン・フェミナン)】 (センターバック左)

 

22歳という若さにして安定したプレーを見せた。

守備の場面では相手の前に入る判断と

フィジカル的なスピードを見せ、

相手にチャンスを作らせなかった。

 

攻撃面でも岩清水梓選手とボールを動かしながら縦にパスを

入れれていたのは良かった。フィードの質も良かった。

 

 

MF

7 安藤 梢   

【1.FFCフランクフルト (ドイツ、女子ブンデスリーガ)】  (右サイドハーフ)

 

決定的な仕事をした。先制点を取りに行く積極的な

ポジショニングで、チームのバランスを崩しながらも

しっかりゴールという結果を出して魅せた。

 

ゴールの場面は、相手DFとの駆け引きで

裏に最高のタイミングで抜け出したのはさすがベテラン選手。

裏を取られたDFの対応も悪かったが。

シュートの質もインステップで、ひざ下を綺麗に抑えて降った

質の高いシュートだった。

 

前半36分という早い時間帯での交代となったが

結果を出しての交代に結果としてなった為問題ない。

ただ、立ち上がりからイージーなトラップミスが続いたのは

印象が悪かったのと、ポジションが中途半端になって

右サイドバックの有吉とのコンビも良くなかった。

 

 

8 宮間 あや    6

【岡山湯郷Belle】   (ボランチ)

 

全体的にはそんなに良い出来ではなかったが

結果を残すのは流石。

2得点の場面とも大儀見にパスをするのは当然の場面だったが

しっかりそこに入れれたからこそ得点に繋がった。

 

前半上手くボランチがボールをさばけずに

横パス、バックパスが多くなっていた。

やはり縦にパスを入れたときにチャンスになる。

しかし縦に入れるパスがミスパスになることが多かった。

 

2得点目をアシストした大儀見選手への裏へのパス

はよく観ていたことと、パスの質も素晴らしかった。

これぞボランチという素晴らしいいパス。

 

後半43分のこの試合最後にして最大のピンチに

最後までよく走り抜いて最後はスライディング

相手にプレスをかけ外させたのは

ボランチでありながらも危機察知能力にたけた

素晴らしいプレーだった。

 

 

9 川澄 奈穂美    

【INAC神戸レオネッサ】    (左サイドハーフ)

 

運動量は相変わらず素晴らしく、献身的な守備を見せる半面、

攻撃時に決定的な仕事が出来なくミスも多かった。

 

ここ数試合左サイドで攻撃の中心になり、

スピードのある裏への抜けだしで多くのチャンスを

作っていた。

相手につかれている場面でもクロスを上げきる

スピードとドリブルのキレは流石。

 

問題は抜け出した後のプレーの質が低かったこと。

抜け切り左足でシュートまでいって欲しかった。

 

 

6 阪口 夢穂   

【日テレ・ベレーザ】  (ボランチ)

 

大儀見選手が中盤に落ちてきた場面で裏に抜けだすなど

ボランチとして有効な動きを立ち上がりから見せていた。

しかし決定的な仕事は出来なくチャンスも作れなかった。

 

前半とくに縦に上手くボールを入れれず

入れてもひっかかる場面が多くチームに

リズムを作れなかった。

 

FW

11 大野 忍    

【ASエルフェン狭山FC】

 

積極的なシュートにいく姿勢、ドリブルで自ら仕掛けれることは

さすがベテランFW。

ボールも失わずにキープしさばけていた。

 

しかしFWは結果が全て。

ゴール前での数的優位の決定機でのトラップミス一本と、

後半47分の中島 依美選手からの決定的なクロスを

正確に合わせに行かずに空振ったことは

FWとして大きな問題。

 

 

17 大儀見 優季   

【チェルシーFC (イングランド、女子スーパーリーグ)】

 

一人別格のプレーを見せる。

 

も、前半4分に訪れた決定機で自分でシュートを

打たなかったのはどうしたんだ?というらしくない場面。

中は3枚DFが戻って来ていたので、横パスの選択肢は

無かったのが間接視野で観えていなかった。

 

中盤に落ちてきてチームに流動性をもたらすのは

効果的なプレーだが、この試合はボールを受けてから

急ぎ過ぎてパスが相手にひっかかり奪われる場面が

多く見られたのは残念。

 

1点目のアシストは上手くスペースを見つけ

中盤でフリーで宮間選手からボールを引きだし、

タメを作ってここしかないという絶妙なラストパス

出したのはさすがチェルシーといったところか。

 

2点目のアシストも中島 依美選手が前に追いぬいていくも

前にはスペースが無いことを観て、上手く横に

ボールを流し、シュートを打つだけの場面まで

お膳立てして上げたのはさすがの一言。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

【途中交代選手】

 

20 中島 依美     

【INAC神戸レオネッサ】  (右サイドハーフ)

 

前半36分に1点目を決めた安藤梢選手に変わり投入された。

 

なによりもしっかり結果を残してチャンスを掴んだのが素晴らしい。

得点の場面も相手をよく観てタイミングよくミートした

質の高いシュートでゴールを奪えた。

 

これからの課題は周りとの連携を高めること

ハードワークは出来ていたが、攻守に中途半端なプレー

になることが多かった。

味方の動きをもっと観て、抜けるべきか落ちるべきかの

判断などを高めるべき。

 

 

14 田中 明日菜   

【1.FFCフランクフルト (ドイツ、女子ブンデスリーガ)】  (右サイドバック)

 

後半21分に有吉佐織選手に変わり投入された。

ボールをさわる機会も少なかったが

無難なプレーが多かったのは残念。

 

ボールを受けた場面でも右サイドバックの位置から

中に入ってボールをさばく場面が多く、

もっと縦に入れれるようにチャレンジすべきだった。

 

守備は積極的にいけていて、前からプレスをかけ

前を向かせず足を出せる守備は素晴らしい。

反面裏を取られる場面があったのは残念。

 

 

16 岩渕 真奈   

【TSG1899ホッフェンハイム (ドイツ、女子ブンデスリーガ)】 (FW)

 

後半39分から川澄奈穂美選手に変わり投入された。

細かいタッチから良い仕掛けが出来ていた。

PA内に侵入し決定機を作れたが

左足でシュートに行くべき場面で右足で仕掛けて

しまい決定機を潰したのは残念。

動きが中途半端な場面が多かったので、

得点という結果にだけこだわった怖さのある

プレーを見せて欲しかった。

 

 

【出場せず】

 

全員0点。

中1日とかいうバカみたいな日程で試合があるので

必ずチャンスは回って来るので是非ともチャンスを

掴んで結果を残して欲しい。

特に若い選手には公式戦・大会の中で思い切って

自分のプレーを前面に出してチームに貢献する

積極的なプレーを期待する。

 

GK

12 山根 恵里奈

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース】

18 海堀 あゆみ 

【INAC神戸レオネッサ】

DF

22 長船  加奈

【ベガルタ仙台レディース】

35 北原 佳奈

【アルビレックス新潟レディース】

MF

24 上尾野辺 めぐみ 

【アルビレックス新潟レディース】

19 山崎 円美

【アルビレックス新潟レディース】

FW

15 髙瀬 愛実

【INAC神戸レオネッサ】

27 菅澤 優衣香

【ジェフユナイテッド市原・千葉レディース】

37 丸山 桂里奈

【スペランツァFC大阪高槻】

 

 

なでしこジャパン 中国戦 試合結果・詳細はこちら

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す