【辛口採点】アメリカ戦なでしこジャパン【女子W杯2015カナダ決勝】

スポンサーリンク

 

saitenn3なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)W杯2015カナダ大会決勝

アメリカ女子代表戦辛口採点です。なでしこジャパンの選手・監督の

プレー・パフォーマンスを辛口で採点します。

 

 

 

2015年7月6日(月)8時00分キックオフ

2015FIFA女子ワールドカップ 決勝

アメリカ女子代表

アメリカ戦の動画・試合結果詳細などはこちら!

 

 

採点させていただきます。

点数はパフォーマンスの善し悪しよりも勝敗にどれだけ関与したかで判断しています。

内容は課題点・問題点中心に辛口で分析し、解説・採点します。

 

なでしこジャパン アメリカ戦 辛口採

 

採点中です!この試合のみの採点です!

W杯を通してよく女子サッカー日本代表・なでしこジャパンは決勝まで勝ち進んだと思います。生半可な努力ではこの結果は出せないです。これからもなでしこジャパンを応援していきましょう。

是非皆さんの採点・批評もコメントに下さい!

 

佐々木則夫 監督    2点

・ 5失点中3失点がセットプレーからの失点というのは、

選手よりもスタッフ陣のセットプレーの守備のトレーニング・

構築力・分析力などの力不足、ミスと言える。

 

試合の入り方としては当たり前の蹴るサッカーを行ったが、

対してアメリカは繋いで攻め込みセットプレーを獲得し

連続得点に繋げた。その面でもアメリカの監督・スタッフ陣が

上手だった。

 

前半15分で4失点なのでさすがにその間での

選手交代は難しかったが、結果論で言えば思い切って

岩清水を早く変えていれば4失点まではいかなかったかもしれない。

岩清水を変えて澤穂希投入はもっと早くてもいいくらいだったが、

前半で川澄奈穂美に変えて菅澤投入は効果的ではなかった。

菅澤のプレー自体はボールも収まり決定機もあり良かったが、

一番攻撃の起点になり得点に絡む匂いがしていた川澄をアシスト後に

変えたのはサイド攻撃の良い流れを打ち消した。

フィジカル的な問題なのかもしれないが岩渕真奈の投入

こそもっと早くにして、宮間あやの放り込み一辺倒になった

後半こそ菅澤を投入で良かったのでは。

スポンサーリンク



 

スターティングメンバー

GK

18 海掘あゆみ    2点

【INAC神戸レオネッサ】

・5失点。

決定的な4失点目を自らのミスで決められた。

立て続けの失点で冷静さを欠いてしまった。

セットプレーも危険なエリアを感じて声掛け出来ていれば・・・

セットプレーの3失点はノーチャンスか。

試合をほぼ決めた3失点目を止めることが出来て入ればまだ勝機はあったが。

 

DF

5 鮫島 彩    3点

【INAC神戸レオネッサ】

・守備で縦を切り過ぎて中に行かれるというプレーは

セオリー通りではないが今まではそれでボールを奪えていたので

良かったが、やはり選手としての能力が上手な相手には

ウィークポイントになり狙われてまんまと2失点目のフリーキックを

取られてしまった。守備の仕方を改善して欲しい。

サイドの枚数が足りない中でも自らの仕掛けとクロスでチャンスを生み出した。

 

4 熊谷紗希    5点

【オリンピック・リヨン(フランス)】

・フィジカル的に負けていなく、前からプレスに厳しくいけていた。

相手の早い入れ替わりにも見失わずマークにつけていた。

ビルドアップもミスなく行えていた。

 

3 岩清水 梓    1点

【日テレ・ベレーザ】

・前半32分に澤穂希と交代。

立ち上がりの3失点すべてに直で絡んだ。

1失点目はニアのスペースを空け過ぎ。誘っているかのようだった。

相手が来ているのは当たり前のはずなのにスピードを緩めて

しっかりクリアしようとしてしまった為に相手に前に入られてしまった。

2失点目も人だけに付ききっりでマークについていれば良いのに

ボールを観てしまい離してしまった。

3失点目は冷静さを失いクリアミス。トラップしてからのクリアで良かった。

 

19 有吉 佐織    4点

【日テレ・ベレーザ】

・守備でn粘り強く対応し、シュートやクロスをさせなかった。

攻撃ではよくボールに絡めていたが、仕掛けることが少なく

クロス・シュート共に中途半端だった。

 

MF

6 阪口 夢穂    5点

【日テレ・ベレーザ】

・急なセンターバックへの試合中でのポジションチェンジにも

上手く対応してみせ、ユーティリティさを見せた。

パスミスが多くボールが動かない要因に。

 

13 宇津木瑠美    6点

【モンペリエHSC(フランス)】

・唯一フィジカルの強さでアメリカ代表に勝てていた選手。

特に球際の強さとスプリントの回数は素晴らしかった。

ただ後半シュートチャンスが多くあった中で決め切ることが

出来なかったことがまだ絶対的な選手にはなりきれない所か。

 

8 宮間 あや    4点

【岡山湯郷Belle】

・4失点目は宮間のパスミスから起こってしまった失点。

イージーなパスミスが他にもあった。

オウンゴールを引き出したクロスをはじめ、この決勝のセットプレーの

質は本当に素晴らしかった。

後半宮間からのロングフィード、放り込みの回数が多くなりすぎた。

もっと工夫があれば得点が生まれていたのでは。

 

9 川澄 奈穂美    5点

【INAC神戸レオネッサ】

・1アシスト

前半38分に菅澤優衣香と交代。

前線の高い位置のサイドで起点になり、自身の突破から大儀見へ決定的な

クロスを上げアシストした。

しっかりボールをキープし味方を使い右サイドでチャンスを

作れていたし得点・アシストの可能性を一番感じた選手なのに

前半で交代は残念。

 

FW

11 大野 忍    3点

【INAC神戸レオネッサ】

・後半24分に岩渕真奈と交代。

右サイドへポジションチェンジする時間帯も長かったのもあるが

シュートまでいける場面がFWとして無さ過ぎた。

プレーの全てが集中していて質の高いものだったが、

怖さがまるで無かった。

 

17 大儀見 優季    4点

【VfLヴォルフスブルグ(ドイツ)】

・1得点

身体の入れ方・ターン・シュートの質も素晴らしい得点だったが

結局パフォーマンスは大会通じて最後まで上がらなかった。

力はある選手のはずだが、アメリカ代表の10番ロイドや澤穂希、

ワンバックのような試合を左右させられる選手にはなれなかった。

 

途中出場

10 澤穂希    5点

【INAC神戸レオネッサ】

・前半32分から岩清水梓と代わり出場。

タイミング・ポジション・フィジカルでオウンゴールを引き出した。

後ろでボールを受ける時は横か下にしかボールを動かせず

展開を遅らせる要因になったが、高い位置ではボールを受けても

抜け出して受ける側になっても得点の可能性を感じさせてくれる

身体を張った、魂のこもったプレーを見せてくれた。

 

15 菅澤優衣香    3点

【ジェフユナイテッド市原・千葉レディース】

・後半38分から川澄奈穂美と代わり出場。

W杯決勝にして代表でボールをしっかり収めて起点になり

しっかり繋ぐなど最高のパフォーマンスをみせるも、

FWとして一番重要な決定機でヘディングを決めれなかった。

 

16 岩渕真奈    2点

【FCバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)】

・相手に脅威は与えたが、ボールを受けれる位置が低い場面が

多く得意のドリブルもアメリカ代表選手には通用しなかった。

この悔しさを次の世代に繋げて欲しい選手。

 

出場せず

GK

1 福元美穂

【岡山湯郷Bell】

21 山根 恵里奈

【ジェフユナイテッド市原・千葉レディース】

DF

2 近賀ゆかり

【INAC神戸レオネッサ】

20 川村優理

【ベガルタ仙台レディース】

12 上尾野辺めぐみ

【アルビレックス新潟レディース】

23 北原佳奈

【アルビレックス新潟レディース】

MF

7 安藤梢 (骨折の為離脱)

【1.FFCフランクフルト(ドイツ)】

22 永里亜紗乃

【1.FFCトゥルビーネ・ポツダム(ドイツ)】

14 田中明日奈

【INAC神戸レオネッサ】

FW

 

決勝 W杯カナダ大会アメリカ戦のテレビ放送予定・動画・詳細はこちら!

 

オーストラリアの岩渕真奈ゴール動画・試合結果詳細はこちら!

 

準決勝!イングランド女子代表戦のハイライト動画・スタメンはこちら!

 

W杯2015カナダ大会の全日程・動画をこちらでチェック!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • 最多丸爺

    采配がひどすぎ! このシリーズ絶好調のロイドに徹底マークを一人(熊谷)付けるべきだった。
    岩清水と海堀の守備がヒド過ぎた!この大会では練習段階から川澄を不調扱いし最初の試合
    から遣わなかったのは何故か? この試合でも正確なクロスを何度もあげ続けた川澄を交代させ
    た意図が全く理解できない。 特、澤と川澄が同じグランドに立つことは皆無だったのは何故だろう? この大会への澤の選出にはサッカー協会幹部の協力な思惑と後押しがあり最後の最後に
    メンバーに加えざるを得なかった。 澤はドイツ大会での運動量と機敏さには程遠かった。 各選
    手とも澤の存在を気にし過ぎてプレイしていた。 この為、最後の試合でこのチグハグな思いが出
    てしまったのだと思う。
     

    • FBNB

      最多丸爺さま
      コメントありがとうございます。
      采配・策が後手後手になっていましたよね。
      なぜ実力的に弱者である日本代表が受けて立つ自分達のサッカーをして、
      強者であるアメリカ代表が勝つための最善の策で立ち上がりから挑んで来たのか。
      ここら辺のメンタリティーの差が日本とアメリカの違いを感じさせられました。

      川澄奈穂美選手の扱いが一番納得のいかないものでしたね。
      確かにコンディション不良でしたが試合を重ねるごとに上がってきていましたので
      交代のファーストチョイスにしたのは理解に苦しみますね。

コメントを残す