パレスチナ戦【辛口採点】2015年1月12日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saitennAFCアジアカップ2015オーストラリア       

パレスチナ戦

出場した各日本代表選手・アギーレ監督パレスチナ代表でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

大事なアジアカップ初戦! 辛口で採点します!!

 

 

スポンサーリンク



採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

点数は全体のパフォーマンスよりも試合の結果に関与した度合を優先しています。

 

 

日本代表 AFCアジアカップ2015 パレスチナ代表戦  辛口採点

 

 

アギーレ 監督    6点

・ カップ戦の初戦という難しい試合を常に主導権を握った試合運びで勝てたことは最大限の準備が出来ていた証拠。

相手・天候・試合状況・選手交代などそれぞれに対して監督・スタッフ陣からの細かいアプローチが観え、モチベーターとしての熱い場面がメディアで取り上げられる中戦術面等での手腕を発揮してみせた。

 

スターティングメンバー

 

GK

1 川島永嗣    5点

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

・ピンチはほとんど無かったが、強風の中難しいゴールキックやビルドアップの中でミスも無くチームのリズムを崩さなかった。

クロスの対応で風による大きな変化で難しかったがパンチングの危険なミスが1本あった。

 

DF

5 長友佑都    4点

【インテル・ミラノ(イタリア・セリエA)】

・ゴールの起点になるクロスなどサイドでの優位は試合を通して譲らなかった。

攻守の切り替えの際のスプリント能力は日本代表の中でも際立っていた。

攻撃の質の部分、クロスや中への崩しで物足りなさを感じた。

 

6 森重真人    5点

【FC東京】

・相手のカウンターや裏への抜け出しを安全確実にパスを出させないというFWに対する付き方で対応したのは初戦の格下相手に優位に働き相手に何もさせなかった一番の要因。

クリアミスが数度あった。

 

22 吉田麻也     6点

【サウザンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

 ・1ゴール

相手のカウンターや裏への抜け出しを安全確実にパスを出させないというFWに対する付き方で対応したのは初戦の格下相手に優位に働き相手に何もさせなかった一番の要因。

 

21 酒井高徳    3.5点

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

 ・ボールタッチ数は約101とチームタイだったが、クロスの質・判断の質が今日も低かった。

引いた相手に対してピンポイントで合わせるクロスの精度が欲しい。

 

MF

17 長谷部誠    5点

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・守備ではアンカーとして大きなスペースをカバーし、攻撃では繋ぎ役としてしっかりボールを動かせていた。

高い位置で攻撃に加わった際のボールの動かし方の質が物足りなかった。

 

10 香川真司    5点

【ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・2アシスト

岡崎のゴールの場面は枠外シュートだったがシュートへの意識が生んだアシスト。

しかしシュートは恐らくこの1本のみ。シュートへの意識を高めたい。

吉田麻也へのクロスは精度の高い香川のクロスの形を出せた。

イージーなミスが多く無駄なロストが目立った。

 

7 遠藤保仁    6.5点

【ガンバ大阪】

・後半13分に武藤嘉紀と交代

1ゴール

タッチ数46、シュート2、パス35と途中交代だとしても少ない数字だがその分高い位置でプレー出来ている証拠で、ゴールを含めゴールの匂いがする動きが見えた。

 

FW

4 本田圭佑    5点

【ACミラン(イタリア・セリエA)】

・FKも含めシュートは6本打てていたがかなり本田のシュートはケアされていたので今後は引きつけた後のパスの質を高めたい。

 

18 乾貴士    3.5点

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半00分に清武弘嗣と交代

まずシュート数が0だったのが残念。サイドでのらしいドリブル突破は見れたが中での崩しからのシュートの場面も作りたい。

サイドを突破してクロスを上げきりたいのと、クロスの質が低かった。

ボールに関わる回数も29と少なかった。

 

9 岡崎慎司    6点

【マインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半35分に豊田陽平と交代

1ゴール

ストライカーらしいゴールを見せた。

マインツでやっているような点を取ることに集中した高い位置でのポジショニングはザックジャパンの時よりも岡崎にゴールが生まれそうな雰囲気を生み出している。

 

途中出場

8 清武弘嗣    3.5点

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半00分から乾貴士に代わり出場

45分でシュート3本とゴールに対する積極的な姿勢は見せたが、質の部分で問題があった。

シュートだけでなくゴール前での組み立てや仕掛け、パスの部分で質の低さがあったので今後徐々に向上していきたい。

 

14 武藤嘉紀    3点

【FC東京】

・後半13分から遠藤保仁に代わり出場

思い切りの良さが足りなく質の部分でも物足りなさがあった。

この試合で大会になれ、今後の大事なゲームでクオリティを発揮して欲しい。

 

11 豊田陽平    3点

【サガン鳥栖】

後半35分から岡崎慎司に代わり出場

約10分の出場で見せ場は作れなかったが少ないチャンスで質の高いプレーを見せたかった。

 

出場せず

 

GK

12 西川周作

【浦和レッズ】

23 東口順昭

【ガンバ大阪】

DF

3 大田宏介

【FC東京】

16 塩谷司

【サンフレッチェ広島】

2 植田直通

【鹿島アントラーズ】

19 昌子源

【鹿島アントラーズ】

MF

15 今野泰幸

【ガンバ大阪】

20 柴崎岳

【鹿島アントラーズ】

FW

19 小林悠

【川崎フロンターレ】

 

 

パレスチナ戦【試合結果詳細・ハイライト動画】はこちら

 

アジアカップ第2戦イラク戦【放送予定・試合結果・&ハイライト動画】詳細はこちら!!

 

イラク戦の【辛口採点】はこちら!!アジアカップでハイパフォーマンスだったのは誰だ!?

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す