【Oの法則】ってなんだ??実際どうなった?

スポンサーリンク

 

okazakiアジア最終予選オーストラリア戦で勝つか引き分けでFIFAワールドカップ2014ブラジル大会の出場を史上初めてホーム日本で決められることで日本中が沸いています。

そんな中ちまたで「Oの法則」なんてものが言われていますが、どういう法則なんでしょうか??

 
 
 
 
 
 
スポンサードリンク

 

 

 

実は日本がW杯をアジア予選を勝ち抜き決めた試合ですべて「O」の頭文字を持つ選手がゴールを決めているんですね!!

 

よくこんな偶然見つけましたね!!

 

 

なんか「D」の名を持つものみたいな感じでウケますね!笑

ワンピースの話です。笑

 

これまでワールドカップに4大会出ていますが、初めて念願のワールドカップ出場を勝ち取ったのは1988フランス大会のアジア予選。

 

いわゆる「ジョホールバルの歓喜」ってやつですね。

日本国民誰もが一度は目にしたことがあるでしょう、「野人」岡野選手の劇的なゴール。

なんかあれ見るとウルっときますよね!

あれは1997年11月16日。

イラン戦での決勝弾を決めたのが岡野選手でした。

そのOKANOの「0」。

岡野の「O」のゴールによってワールドカップのチケットを手にしました。

 

次の二度目のワールドカップは日韓開催の2002。

自国開催なので出場国枠での出場権獲得でした。

 

3度目の出場は「2006ドイツワールドカップ」

アジア予選を勝ち抜き、ドイツ大会への出場権を手にしたのは、05年6月8日の北朝鮮戦でした。

そこでゴールを決めたのは大黒 将志選手。

OGUROの「O」ですね。

 

ちなみになんですが、大黒選手は2006~2008シーズンになんとセリエAでプレーしてたんです!

なんだかんだで大黒選手はすごい選手でした。

そのセリエAでのチームが「トリノFC」だったんですけど、2006当時の監督は現日本代表監督の「アルベルト・ザッケローニ監督」だったみたいなんです!!

なかなか知られてないんじゃないでしょうか?笑

もう一個ちなみにで言うと、大黒選手は現在は2010年ワールドカップ南アフリカ大会で日本代表監督を務めた、岡田武史監督が現在監督をしている杭州緑城足球倶楽部(中国スーパーリーグ)でプレーしているそうです!!

期限付き移籍のようですが、中国という国で日本人選手・監督がプレーするのは容易ではないことは明らかですよね。

素晴らしいチャレンジだと思います。

 

 

そして日本代表4度目のワールドドカップは南アフリカ大会

それを決めたのは09年6月6日、アジア最終予選、アウェーでのウズベキスタン戦。

現代表選手でもある岡崎 慎司選手のゴールが決めてとなりました。

ということで、OKAZAKIの「O」。

 

 

まぎれもなく「Oの法則」なるものが存在しています。

なかなか気づけませんが。笑

 

 

 

さて、先日行われた2014FIFAワールドカップブラジル大会アジア最終予選、日本代表は無事オーストラリア代表から勝ち点1を奪い、勝ち点合計14で(アジア最終予選第7節現在)

ワールドカップの出場券を獲得しました。

「Oの法則」はどうだったんでしょうか!????

 

 

はい。皆さんのご存じのとおり、我らが本田圭佑選手のPKでのゴールで1-1の引き分けにもっていき、史上初めてホーム日本で5度目5大会連続のワ-ルドカップ出場を決めましたね。

 

5度目のワールドドカップ出場を決めた2013年6月4日のオーストラリアとの試合でゴールを決めたのは、

HONDAの「H」。笑

 

「Oの法則」敗れる!!笑

 

法則でもなんでもなかったですね!!苦笑

 

なにはともあれワールドカップ出場が無事決まってよかったですね!!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す