なでしこジャパン2-4ドイツ戦【辛口採点】 欧州遠征の各選手の出来は?

スポンサーリンク

 

saitennなでしこジャパンが2-4で惜敗したドイツ女子代表戦。

出場した各日本代表選手・監督のドイツ戦でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

誰が4失点の原因!? 辛口で採点します!

 

 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

 

なでしこジャパン 国際親善試合 ドイツ女子代表戦  辛口採点

 

佐々木則夫 監督   3

 イングランド戦から3名スタメンを入れ替えましたが、

GKとCB、SBを変更したことが影響したのか、

終始ゴール前の守備が後手に回ってしまう結果に。

 

守備の面でのずれを試合の中で修正出来なかった。

交代に関しては的確。

欲を言えば宇津木瑠美をもう少し早く投入していれば

攻撃の面で左サイドを川澄と丸山の3人で支配でき

チャンスをもっと多く作り出せたのでは。

 

GK  1  福本美穂 (岡山湯郷Belle)    2

終始物足りない印象。

1失点目は確かにシュートがスーパーだったが、

あれだけ足を運べる時間もあったのに

最後に逆手が出ないのは残念。

上へのシュートに逆手の左手を出せていたら

止めれていたかもしれない。

 

PKは上手く反応出来てはいたのでしょうがない。

 

ピッチが雨で緩いのと、ボールも水を吸って重くなって

いたが、キックミス・パンチングミスが目立った。

 

DF

14 田中明日菜 (INAC神戸 7月~1.FFCフランクフルト、ドイツ女子ブンデスリーガ) 3

 正直物足りないプレー。

安定感は有り、よくDF面で対応していたが、

攻守においてもう少し積極的なプレーが観たかった。

 

4  熊谷紗希 (1.FFCフランクフルト、ドイツ女子ブンデスリーガ)  2

対人では強さを見せたが、DF全体を上手く統率出来なかった。

中盤との距離感を上手くコントロールできずに

自ら守備を難しくしていた。

 

3  岩清水梓 (日テレ・ベレーザ)  2

対人プレーはよく身体を張って長身のドイツ選手に対応していたが、

DF全体として上手く人をつかめず、終始不安定な守備に。

CBを中心としてそれぞれのマークや

いつチャレンジするのかをはっきりさせなければ

いけなかった。

 

2  有吉佐織 (日テレ・ベレーザ)  3

安定したプレーをみせた。

ボランチの2枚に対するプレッシャーが強く

上手くボールを動かしてリズムを作れなかった分

サイドバックが起点になりたかった。

もう少しシンプルにプレーして欲しかった。

 

MF

9   川澄奈穂美 (INAC神戸レオネッサ)   6

豊富な運動量で攻守に存在感を放っていた。

1対1を突破してクロスでチャンスを作っていた。

スペースを埋められた中ではピンポイントでクロス

を上げるか、FWとの息がもっと合えば得点出来た。

守備も攻撃もあと一歩という場面が多かっただけに

もったいない。

 

8   宮間あや (岡山湯郷Belle)  Cap   4

ミスが多かった印象。

中盤の2枚のところを狙われていたので

難しいが、さばける場所は残っている中での

ミスが多かったので判断力を上げたい。

2得点目に繋がったFKはさすが。

枠に入っていればGKはさわえていなかっただけに

直接決めておきたいところ。

 

6  阪口夢穂 (日テレ・ベレーザ)   2

宮間とともに中盤で上手くボールを動かせなかった。

守備の面でよく奮闘したがボールを奪った後

しっかり繋げたい。

ボランチのところで上手くさばいて試合を落ち着かせて

日本のリズムを作りだせなかった。

守備でも最終ラインとの距離感がよくなく、

ショートカウンターを受ける場面も目立った。

 

7   安藤梢 (1.FFCフランクフルト、ドイツ女子ブンデスリーガ)  3

あまり機能していなかった。

守備の面では奮闘していたが、

ボールを持った時に有効なパスで

試合・リズムを作れなかった。

 

  

FW

11 大野忍 (オリンピックリヨン、フランス・D1フェミナン)   5

1得点目をしっかり決めたのはさすが。

少しあやしかったが、コースはGKの取りにくい

場所にしっかり打てていたのはシュート技術の

高さを伺える。

上手く他の選手とパスのタイミングが合わない場面も。

 

17 大儀見優季 (1.FFCトゥルビネ・ポツダム、ドイツ女子ブンデスリーガ)  7

一人別格の出来だった。

2枚にプレスをかけられてもボールを失わず、

ファールを受けてマイボールにしていた。

男子の日本代表の本田圭佑選手のような

ボールキープをし、攻撃の起点になっていた。

 

ブンデスリーガで日本人初の得点王に18得点で

輝いたことで圧倒的な自信を持っているのが

プレーに完全に出ていた。

 

2得点目のFKのこぼれ玉への反応はさすが

点取り屋だと感じた。

 

15  丸山桂里奈 (スペランツァFC大阪高槻)   3

後半26分から大野忍選手に変わり同じFWに投入された。

やはり試合の流れを変えられる数少ない選手。

スピードがあるので裏に抜けす動きは相手DFを苦しめた。

もう少し自分自身で仕掛けられる場面を作りたかった。

守備の面でも途中から入った分よく走っていたので、

最後のPKを与えたのはもったいない

PAの深い位置までFWが戻っていたのは

そうせざるを得なくした周りの選手のせいでもある。

 

13 宇津木瑠美 (モンペリエHSC、フランス女子サッカーリーグ)   5

後半29分から田中明日菜選手に変わり同じ左サイドバックに

投入された。

ミスもあったが積極的なプレーが目立ち、

もっと早く観たかった。

フィジカルの強さとパススピードの速さが

素晴らしかった。

 

16  岩渕真奈 (TSG1899ホッフェンハイム、ドイツ女子ブンデスリーガ)   2

後半43分からの出場。

ロスタイムも含め6分程の出場でチャンスは無かった。

 

24  上尾野辺めぐみ (アルビレックス新潟・L)   2

後半43分からの出場。

ロスタイムも含め6分程の出場でチャンスは無かった。

 

スポンサードリンク
 

なでしこジャパン ドイツ戦 試合結果詳細はこちら 

なでしこジャパン イングランド戦  試合結果詳細はこちら

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す