メキシコ戦 【辛口採点】日本代表選手を採点・レビュー コンフェデ杯

スポンサーリンク

 

saitennコンフェデ杯第3戦、メキシコ代表戦。

出場した各日本代表選手・監督のメキシコ戦でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

辛口で採点します!

 

スポンサードリンク
 

 

 

グループリーグ第3戦メキシコ戦も1-2惜敗で3連敗。

 

イタリア戦から3人メンバーを入れ替えて臨んだメキシコ戦。

 

チャンスを得た3人のパフォーマンスはどうだったでしょうか?

 

まず、採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

 

日本代表 コンフェデ杯 メキシコ戦  辛口採点

 

ザッケローニ 監督    4

 

累積警告で出場できない長谷部選手を含め3人イタリア戦から

スタメンを変え、変わって入ったのは

酒井宏樹、栗原勇蔵、細貝萌、の3選手。

妥当な選考。

 

ただ、他国を観ても、GKを経験を積ませる場にするべきだった。

東アジア選手権などで使うつもりだろうが、

翌年ワールドカップ2014ブラジル大会に川島選手が

怪我や累積で出られなくなった場合は多いに

あり得ることなので、コンフェデ杯でブラジルの場で

GK西川に経験を積ませるべきだった。

 

交代については、3枚変えたがここ数試合と比べ、

早めの交代が出来ていたが、

吉田を入れて3-4-3で攻撃的な形でいこうとしていたのに

その後すぐに長友が怪我して交代せざるを得なくなった場面で

交代の準備をさせていた中村憲剛をそのまま長友と交代で

入れて、4-2-3-1に戻したのは微妙な判断。

 

4-2-3-1に戻して中村も新しいリズムを生みだし

1得点返すことに繋がったのは間違いない。

しかし吉田を入れず、単純に中村憲剛を入れるべき

だったのではないかと、吉田の低パフォーマンスを観ると思う。

 

3戦全敗は翌年のワールドカップ本番への大きなフラグだと信じたい。

現段階で3連敗は妥当なチーム力。

ザッケローニ監督の解任は理由がない。

 

川島永嗣 選手    3

 

この試合も2失点。失点が多いことはGKの責任と

取られるのがGKという仕事。

しかし、この試合の2失点もGKにはノーチャンスに

近い失点だった。

ドス・サントスのPA内からのシュートにもよく反応し、

近距離からのヘディングに対してもよく対応していた。

なによりPKストップからのキッカーへのプレッシャーに

いくまでの速さがよかった。

あそこで少しでも詰めるキッカーに対してプレスが

遅くなれば詰められていた。

 

長友佑都 選手    5

 

素晴らしいタイミングでのオーバーラップが目立った。

こえまでの2戦より深い位置までボールを運び

クロスを上げれていた。

前半のボールを運び本田へのクロスもドンピシャだった。

守備の面でもドス・サントスをほぼ完璧に抑えていた。

ただ対応するだけでなく、ボールを奪い切り

繋げて自分もサポートに入り切り替えの速さが素晴らしい。

痛めていた左ひざの状態が心配。

 

今野泰幸 選手    5

 

高さの面でも問題なく、安定した守備を披露。

ビルドアップでも横に動かすだけでなく

CBから縦パスを入れられるのは重要な役割。

メキシコの1得点目のような大きな展開も欲しい。

 

栗原勇蔵 選手    5

 

 

コンフェデ杯初先発ながらも安定したプレー。

高さの面でも守備でも攻撃でも大きなアクセントに。

1失点目の栗原の裏のスペースを付かれたのは

酒井宏のカバーのため仕方ないが・・・

 

酒井宏樹 選手    3

 

1失点目のクロスを上げられたのは致し方ないか。

フィジカルの面では内田より安定感があり、

セットプレーでの競り合いの安定感は今のセットプレー

に問題がある日本代表には大事なストロングポイント。

本田へアーリークロスで合わせる場面もみられたが、

攻撃の面でもっとアピールして欲しかった。

 

MF

細貝萌 選手    5

 

イラク戦とは違って安定したパフォーマンス。

守備の面でPA内まで戻って危険な場所を潰していた。

守備力の高さを細貝が発揮することで、遠藤が高い

位置でプレーすることが出来たので、多くのチャンスが生まれた。

ボールの動かし方も含め攻撃お面で積極的なプレーも観たい。

 

遠藤保仁 選手    6

 

岡崎への決めて下さいという丁寧なアシストはさすが。

あの時間帯にPA内にタイミングよく侵入できる戦術眼は

さすが遠藤といったところか。

流れの中のミドルシュートの精度が物足りない。

中盤の底でボールを動かしつつ、最前線にも顔を出す。

遠藤のポジションを脅かす選手はまだまだ先か?

1失点目は観えていただけに迷わずエルナンデスにマークに

いけたら完璧だった。

 

 

香川真司 選手    3

 

前半の立ち上がりのチャンスを活かせなかったことが

この1-2という結果に結びついたのでは。

日本代表の10番として決めるべきときに決める力が欲しい。

上手く本田・長友らと関わりながらチャンスを作れていたが、

ゴールやアシストなど決定的な仕事が代表ではなかなか観られない。

得点の場面でのボールの動かし方と遠藤への完璧なパスはさすが。

ああいう仕事を立ち上がりから観たい。

 

本田圭佑 選手    4

 

シュートまで行ける場面もあっただけに

結果が出せなかったことが一番問題。

厳しいプレスを受けながらもよくボールをキープしていたが、

もう少しボールを失わないでキープして欲しい。

南アフリカの際の方が失わない確立は高かったのでは?

前線から守備の面でもよくプレスをかけて貢献。

 

岡崎慎司 選手   7

 

得点に繋がらなくても危険な場所に飛び込む嗅覚はさすが。

得点の際も良いタイミングで一番得点出来る確立が高い

場所に入れていたことが素晴らしい。

前半から積極的に自ら仕掛ける場面もあり、

中盤でもボールを失わずキープもでき、

守備でもPA近くまで戻り、ボール奪取までいけていて、

全体的なレベルの向上が試合で発揮されていた。

あとは、どれだけチャンスをものにできるのか。

 

FW

前田遼一 選手    4

FWとしてゴールという結果が欲しかった。

良い形でシュートまでもっていけているので、

精度の部分で結果を出せるかどうか。

守備の面では抜群の貢献。

交代

内田篤人 選手    2 

 

後半14分から酒井宏樹と交代で投入。

4バックの右、3-4-3の右ハーフでプレーも、

攻撃的にプレーするも結果を出せず。

ロスタイムのPK献上は仕方ないが、

ポジション柄吉田のカバーは今後数年にわたって

内田に求められるだろう。

 

吉田麻也 選手    2

 

3バックにする為に途中交代もビルドアップも守備もボロボロ。

競った後のリカバーも遅いし、気持ちのこもったプレーが

観られなかったのが残念。

内田のPKも吉田がクリア出来ていれば起こらなかった。

 

中村憲剛 選手    5

 

後半32分からの出場で、約18分のプレーだったが、

違いを生み出すことが出来ていたのでもっと早い時間に

投入して、後半立ち上がりからのメキシコの時間帯を

打開させて欲しかった。

パス&ムーブでスペースを作り出す動きは日本代表に足りなかった

運動量を魅せてくれた。

 

コンフェデ杯 メキシコ戦【試合結果・速報】 1-2惜敗 はこちら

 

【メキシコ代表戦・解説】コンフェデ杯 なぜ負けたのか?こちら

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す