川島永嗣が退団!?スタンダール・リエージュを退団して日本代表GKはどこへ?

スポンサーリンク

 

kawashima1ベルギースタンダード・リエージュに所属する

日本代表GK川島永嗣退団の可能性があると

ベルギーで話題になっていますがどうなんでしょうか!?

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

大宮アルディージャ名古屋グランパスエイト川崎フロンターレ

経験を積み、2010-11シーズンから闘いの場を

ベルギー・ジュピラーリーグに移した川島永嗣選手。

 

 

kawashima2

 

 

かねてから熱望していた欧州でのチャレンジを

27歳でようやく叶えた移籍でした。

 

 

最初に所属した『リールセSK』は昇格したばかりの

チームで、チームとともに川島選手も大きく苦戦を

しいられましたが、その中でも大きく力を発揮し、

所属した2シーズンをチームの目標であった

残留に導きました。

 

 

kawashima3

 

 

2シーズン目の2011‐12には主将も務め、

1シーズン目の大量失点も大きく改善し

リーグ戦全36試合にフル出場し

2シーズン連続でチームMVPを獲得しました。

 

 

 

そうやって欧州移籍のとっかかりとなったベルギーで

GKとしてはじょうじょうの結果を残し、

移籍という形でリールセSKを退団。

 

 

2012-13シーズンには同ベルギー・ジュピラーリーグ

強豪『スタンダール・リエージュ』に移籍を成し遂げ、

見事目標であった欧州でのステップアップの

スタートを切りました。

 

 

kawashima4

 

 

スタンダール・リエージュとは3年契約。

2012-13から14‐15シーズンまでの契約と、

FIFAワールドカップ2014ブラジル大会

挟む安定した契約となっていました。

 

 

移籍初年度の2012-13シーズンも

リーグ戦全試合にフル出場しました。

 

 

なぜ3年契約の川島永嗣選手が退団させられる!?

 

 

スタンダール・リエージュはベルギーリーグを

10度制している競合チームで、

優勝を目標とするチームでしたが、4位に終わり、

満足のいく移籍初年度とはなりませんでした。

 

 

 

4位に終わった責任は全試合に出場した

GK川島永嗣選手にも降りかかり、

 

新たにGKを補強しようとスタンダール・リエージュは

動いているようです。

 

 

すでに3人のGKがリストアップされているようで、

サブのGKを補強というよりは

スタメンとして本格的にGKの補強に

走っているとみてよいでしょう。

 

 

コンフェデ杯2013でもグループリーグ3戦9失点

結果を残せなかったのは痛かったですね。

 

 

まあGK川島選手にはノーチャンスの失点が

多かったので、評価を下げたというよりは

 

GKの補強の必要はないと思わせることが

出来なかったというところでしょう。

 

 

スタンダール・リエージュを退団したらどこのクラブへ!?

 

欧州へ移籍してから多くのクラブへの移籍が

噂されるようになりました。

 

噂されたクラブは・・・

トリノ (イタリア、セリエA)

アストンヴィラ (イングランド、プレミアリーグ)

ACミラン (イタリア、セリエA)

 

などなどビッククラブがニュースに上がりますが

実現の可能性は低いものばかりでした。

 

 

今このような形でベルギーのスタンダール・リエージュを

退団することになると、

ステップダウンの可能性が高くなるでしょう。

 

 

欧州での挑戦は間違いなく続けるでしょうが、

ベルギーを追われるとなると、・・・難しいですね。

 

ベルギー国内での移籍が濃厚かと。

 

kawashima5

 

翌年に控えるワールドカップのことを考えると

出場機会を失うことはそのまま日本代表での

スタメンの座を追われることに繋がります。

 

まあ退団せず、スタメンの座も譲らず、

好パフォーマンスを魅せて欲しいですね!!

そしてワールドカップで活躍し、結果を出して欲しいです!

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す