本田圭佑の嫁が不妊?「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送は?

スポンサーリンク

 

honda4本田圭佑選手の嫁さんが不妊だった?ガセ

プロフェッショナル 仕事の流儀の再放送はある?

今話題の本田圭佑選手について調べてみました!!

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

サッカー日本代表といったら今は

本田圭佑』選手ですよね!!

 

 

honda7

 

 

ミランなど次の移籍先も気になりますが、

本田圭佑選手のお嫁さんがどんな人かも

気になりますよね!

 

【本田圭佑 最新 移籍情報】

 

 

調べてみました!

 

本田圭佑選手の嫁さんは不妊?ガセネタ?

 

本田圭佑選手と嫁さんの馴れ初めは、

本田圭佑選手と嫁さんが高校時代にまでさかのぼります。

 

 

本田圭佑選手は石川県の星稜高校。

嫁さんも石川県の金沢西高校だったようです。

 

 

大阪出身の本田圭佑選手がサッカーをするのに

良い環境を求めて石川の星稜高校へ行った訳ですから

運命的な出会いですね。

 

 

honda-yome

 

 

これは噂ですが、二人の出会いは

星稜高校と金沢西高校が練習試合をした際に

 

 

相手チームの金沢西高校のサッカー部のマネージャーに一目惚れ。

その練習試合でボコボコにして勝つ。

試合後に相手のベンチまで行き『俺と付き合ってくれ』

と告白。

 

 

こんな風に告白されたら・・・唖然としちゃいますよね!笑

唖然としてOKしたんでしょうかね!笑

 

 

もうひとつ噂もあって、

その試合後には付き合えず(彼氏がいたから)

名古屋グランパスに入団してプロになった際に

ラストチャンスと思い、再び告白し

めでたく交際スタート。

 

まあどのみち普通じゃない

さすが本田圭佑というエピソードですね!!

 

 

で、

本田圭佑選手の嫁さんのことを調べると、

『不妊』というキーワードが出てきます。

 

 

これは2008年に結婚されたんですが、

その後なかなか子供が生まれなかった為に

嫁さんが不妊なのか?と思った人が多かった

だけのようですね!

 

 

有望なスポーツ選手の奥さんはちょっと子供が出来るのが遅いと

すぐ嫁さんが不妊なのか?と思われて大変ですよね・・・

 

 

 

本田圭佑選手の嫁さんが不妊というのは

あきらかにガセネタでした。

 

 

そう言い切れるのは・・・

 

 

 

先日のアジア最終予選オーストラリア戦前に

本田圭佑選手がサプライズで子どもを抱えて空港に

現れたからです!!

 

【画像】

 

honda-yome1

 

これにはびっくりしましたね!!

それまでどこにも報道されずに

シーズンが終わったこのタイミングでサプライズで

自ら発表するあたり、さすが『持ってる男』ですよね!!

 

honda3

 

 

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送は?

 

2013年3月25日に

『プロフェッショナル 仕事の流儀 さらなる進化へ 本田圭佑 500日の記録』

が放送され、

7月1日に続編、

『特別編 信じる力 500日の記録 サッカー日本代表 本田圭佑』

が放送されました。

 

今後今のところ再放送の予定はないようです。

がまた再放送して欲しいくらい素晴らしい出来でした。

 

さまざまなプロフェッショナルを紹介するこの番組。

今サッカー界のプロフェッショナルと言えば本田圭佑選手ですよね!

 

 

hondakeisuke4

 

 

とくに印象に残っているのは、

大学生との問答の中で大学生が

『本田選手の考える強さとはなんでしょう』

という質問をし、

 

 

本田圭佑選手が、

『僕にとっての強さの定義というのは・・・深いなぁ

自分に打ち勝てるかどうかが強さなんじゃないかなと思います。

人生生きてて本当に自分と向き合ってますし

自分に問いかけてることが多いんで自分と向き合って、

自分に打ち勝つことそこに尽きるのかなと』

 

 

という発言をしていたところです。

自分に打ち勝つ ということは一番大事ですが、

一番難しい部分でもありますよね。

 

 

本田圭佑選手のように、

周りに流されず、己の信念に沿って生きていきたいものですね!

 

本田圭佑選手の代理人の兄はどんな人!?

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のトラックバック

コメントを残す