本田圭佑選手の【PK】は簡単なもんじゃないよ?

スポンサーリンク

honda pk2

決めてくれましたね!本田圭佑選手。

ワールドカップを決めるPKでした。

観てるだけでも手が痺れるような緊張感のあるPKでした。

 
 
スポンサードリンク

 

 

試合後のインタビューで本田選手も「ど真ん中に蹴って止められたらしょうがないなと思って蹴った」と話していましたが、簡単じゃありません。

 

PKは確かにキッカーがGKに比べて有利なのは間違いありません。

しかしPKは技術(狙った場所にきちんと蹴れる)、戦術(GKとの駆け引き、騙しあい)、精神力・メンタル(プレッシャーに負けず技術を発揮できるか)が必要です。

とくにメンタル面が大きく結果を分けます。

大舞台であればあるほどプレッシャーは増しますよね。

今回の試合なんてワールドカップを初めて日本で決める試合としてメディアが大きく取り上げ、スタジアムも満員、各地でパブリックフューイングなども行われ、日本中が注目する試合となりました。

 

その期待を一身に背負ってのPK

 

考えてみて下さい。

 

あなたならいつも通りの力を発揮できますか?

 

日本中の期待・プレッシャーを背負って、いつも通りにあなたの仕事を出来るでしょうか?

 

 

並大抵のことではないですよね。

 

 

しかもPK、サッカーは相手のいる勝負ごとです。

相手のオーストラリアもこのPKを止めたら勝ちが決まり、勝ち点3が取れ、ワールドカップ出場に近づける。

相手も必死です。

 

GKはやられて当然の精神状態です。

止めてやるという気持ちしかありません。

実はメンタル面ではGKの方が有利なんです。

そこに打ち勝つ精神力。

 

さすが本田△。

honda pk2

 

コンフェデ、優勝を目指すと言ってくれました。

 

コンフェデが楽しみ過ぎますね!!

 

あ、一番大事な技術的な面を解説すると、GKには遠藤選手と本田選手のPKの蹴り方、方向などの情報は入っていたと思います。

 

GKはGKからみて左に飛びました。

 

GKは情報をもとに最後は自分の感覚を信じてどこに飛ぶか・飛ばないか決めます。

 

GKは相手の全体を俯瞰的に観て最終的にどこに動くか判断します。

 

 

本田選手の動き。

GKは左に動いてしまいます。

ただ単純にど真ん中にぶちこんだだけじゃないんです!!!

 

GKからみて左に打つ蹴り方(フォーム)をしながど真ん中にアウト気味に蹴っています。

 

この技術+戦術を身につけるために本田選手は尋常じゃないくらいの努力を積み重ねてきたわけです

 

そこを応援する私たちは忘れちゃだめですね!!!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す