コスタリカ戦 【辛口採点】2014年6月03日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saitenn国際親善試合2014 コスタリカ戦 3-1勝利!!

出場した各日本代表選手・監督コスタリカ代表でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

W杯直前!! 辛口で採点します!

 

 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

 

 

日本代表 国際親善試合2014 コスタリカ戦  辛口採点

 

 

ザッケローニ 監督   5.5点

・立ち上がりの試合への入り方にチームとしての意図を感じず受け身になり数度の

決定機を作られた。

・課題のセットプレーの守備で決定機を作られた。

・サイドで数的不利な状況になる場面も・・・

・守備の連動性の質が向上し、狙った所でボールを奪える場面もあった。

・選手のコンディションも上がり、コンビネーションも向上し多くの得点チャンスを

生み出していた。

・決定力不足。

 

スターティングメンバー

 

GK

川島永嗣    

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

・1失点。

・失点の場面は完全に崩されGKにはノーチャンス。

・前半チームが試合に入るまでの悪い時間帯にビックセーブ。

・フィードも繋げる時は繋げていて良いが、中途半端な前線へのロングフィードで

大きく跳ね返されピンチを作る場面も。簡単に大きく裏へ狙うしかない場面もあるはず。

・DFライン背後のカバーも相手に繋げたくはない・・・

 

DF

今野泰幸    3.5

【ガンバ大阪】

・左サイドバックでの出場

・後半15分に長友佑都と交代。

・相手の10番のマンマーク気味での左サイドバックでの出場だったが、そのマークを

一瞬のボールウォッチャーで遅れてしまい失点。

・厳しく対人で対応出来ていたが、ファールが多かったのがセットプレーが弱い

日本代表では問題。

・低い位置で相手に狙われている所で引っ掛けるイージーなミスも・・・

 

 

吉田麻也    

【サウサンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

・単純なロングボールに対してほぼ全て跳ね返せた高さはやはり必要不可欠か。

・前半の早い時間帯でセンター付近まで食いついて奪いに行くも奪えず、

スペースとマークを外し決定的なピンチを生み出した。

・ビルドアップは安定していた。

 

 

森重真人    

【FC東京】

・目立たず安定したプレーをみせた。

・内田篤人が食いついてかわされたカバーの対応はコースは限定していたが

自身が引き出されていたことも含め中が全然準備が出来ていないことが読めて

いたらクロスを上げさせない守備も出来たのでは。

・ラインコントロールとポジショニングは試合を通じて良かった。

 

内田篤人    

【シャルケ04(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半25分に酒井宏樹と交代。

・失点場面の大きな原因は食いついたのに奪えず振り切られたプレー。

・前半立ち上がり早々にクヘディングのクリアを相手に渡し危険な場面も。

・仕掛けの部分で奪われる場面も目立った。

・左サイドバックに今野泰幸が入ったことにより攻撃的にプレーしたが、

出来ればクロス、中に切り込んでシュートまでもっていく場面を作りたかった。

 

 

MF

青山敏弘    

【サンフレッチェ広島】

・後半00分に遠藤保仁と交代。

・縦パスを数多く付けれていたのはチームとしてかなり大きかった。

・得意のロングシュートチャンスも良い状態であっただけに結果を残したかった。

・前半はスペースが少なかったこともあるがもう少し高い位置で攻撃に関わりたかった。

 

 

山口蛍    6.5

【セレッソ大阪】

・攻守において安定感のあるプレーをみせた。ミスが少ないのは大きい。

・ポジショニングが天下一品で22人の動きを把握して危険を生み出す場所を消していた。

・縦パスが多く付けれていた。

・インターセプトからの上がりなど攻撃面でもチャンスを生み出していた。

 

 

香川真司    6.5

【マンチェスター・ユナイテッド (イングランド・プレミアリーグ)】

・1得点。

・ここで結果を残せたことは良い影響が出そう。

・前線でボールを失わずにキープでき、上手くタメを作り攻撃を組みたてていた。

・ミドルシュートを打つ場面でもう少し可能性を感じるシュートが欲しい・・・

・決定機は他にもあっただけに決め切る強さが欲しい。

・ゴールの場面は素晴らしいシュートコントロールをみせた。チームとして連動して

奪えた得点。

 

 

本田圭佑    

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

・1アシスト。

・決定機もあっただけに結果が欲しい・・・

・前を向けてプレー出来た時にはチャンスを生み出せていたが、相手が起点を潰そう

と高い位置から厳しくマークに来ている時にもう一つ粘って工夫が欲しい。

・攻守において運動量は素晴らしかった。

 

 

大久保嘉人    

【川崎フロンターレ】

・後半00分に岡崎慎司と交代。

・立ち上がりにあったシュートチャンスで決め切る、決定力をアピールしたかった。

・攻撃の起点になり裏へ抜け出す動きが素晴らしかった。

 

 

FW

大迫勇也    

【1860ミュンヘン】

・後半30分に柿谷曜一朗と交代。

・幾度もあった決定機の1つでも決めておきたかった。

・動き方・受け方・抜け出し方は素晴らしく、見方ともイメージがあっていただけに、

トラップミスやシュートミスが多かったのが残念。

 

 

途中出場

 

岡崎慎司    

【マインツ(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半00分に大久保嘉人選手に代わり出場。

・大久保嘉人がPA付近でチャンスを作るなら、岡崎慎司はPA内で仕事をしてみせた。

・相手に疲労がたまった場面で質の高い裏への様々な動きをあれだけされたら

多くのチャンスが生み出せる。後半からの出場も有りか・・・

・決定的なパスを出すも香川・本田が決め切れず。

・ロスタイムで柿谷曜一朗へアシスト。

 

 

遠藤保仁    6.5

【ガンバ大阪】

・後半00分に青山敏弘に代わり途中出場。

・1得点。

・得点が奪えない時にひとつ工夫が出来る選手。

・ボランチの位置から開いているスペースに入り込むプレーは素晴らしい。

・裏への優しいパスをオフサイドにかからないタイミングで合わせたい。

・ボールを失いそうな場面をなくして欲しい・・・

 

 

長友佑都    

【インテル・ミラノ (イタリア・セリエA)】

・後半15分に今野泰幸に代わり途中出場。

・試合後半で運動量豊富にボールを攻撃的に保持出来る選手がサイドにいるのは

勝っている場面で大きい。

・サイドで相手が2枚ついてきてもクロスを上げきる能力は素晴らしい。

・決定的なクロスを上げれる場面をチームとして作り出したい。

・キプロス戦と違い、縦への突破からのクロスだけではなく、カットインからのシュートや

裏への抜け出しなどプレーが多岐に渡りチャンスになりかけていた。

 

 

酒井宏樹    

ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・相手のフィジカルが強ければ強い程強さが際立っていた。

・身体を当ててボールを奪いきれるディフェンスは大きい。

・リスクを負う必要はないが低い位置だけではなく高い位置にもうひとつ早く

ボールを付けれたら・・・

 

 

柿谷曜一朗    

【セレッソ大阪】

・後半30分に大迫勇也に代わり途中出場。

・1得点1アシスト。

・15分強という短い出場時間のなか2得点に絡む決定力をみせた。

・得点に絡んだ場面はいずれも素晴らしいプレーをみせたが、それ以外のボールを

受けた場面でミスが目立った。

大迫勇也とともに動きだすタイミング・場所が他の選手に把握された様子が観えた。

 

 

出場せず

 

GK

西川周作

【浦和レッズ】

権田修一

【FC東京】

DF

酒井剛徳

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

伊野波雅彦

【ジュビロ磐田】

MF

長谷部誠

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

清武弘嗣

【ニュルンベルグ (ドイツ・ブンデスリーガ)】

FW

斎藤学

【横浜F・マリノス】

 

 

W杯前最終戦!ザンビア戦【日程・テレビ放送予定】はこちら 

スポンサードリンク

 

 

コスタリカ戦【試合結果・メンバー】詳細はこちら!!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す