コロンビア戦 【辛口採点】2014年6月25日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saiten-wFIFAワールドカップ2014ブラジル コロンビア戦

出場した各日本代表選手・監督コロンビア代表でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

W杯第3戦!! 辛口で採点します!

 

 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

点数は全体のパフォーマンスではなく試合の結果に関与した度合で決めています。

 

 

日本代表 FIFAワールドカップ2014ブラジル コロンビア代表戦  辛口採点

 

 

ザッケローニ 監督    3点

・スタメン・交代と理解は出来るが、結果を残せず。

理解出来る采配というのは無難な交代ということでもある。

ラッキーボーイと呼ばれる結果を必要なタイミングで残せる選手を見つけることが

出来なかった。

・清武選手はそのラッキーボーイになれる力はあったと思うが、信頼出来なかったか。

・3戦通して、試合へのアプローチ、どういうプランで試合は進めるかは間違っていなかったと思う。が、それが出来るだけの選手のクオリティーが足りなかった・その試合で発揮出来なかった。そこの見極めが出来なかったことが残念。

 

 

スターティングメンバー

 

GK

川島永嗣    

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

・4失点だが、この試合のシュートを止めれたGKは日本にはいなかったはず。

DFのタッチが無ければ止めれていた失点もあった。

 

DF

長友佑都     

【インテル・ミラノ (イタリア・セリエA)】

・終始スペースが無い中でのプレーをしいられた。その状況でも結果を残したかったが、主導権はとるもののクロス・シュートと質の部分で結果を残すには足りなかった。

今野泰幸     

【ガンバ大阪】

・攻撃での積極的な姿勢をPA内でのディフェンスにまで引っ張ってしまった。

これだけ経験豊富なCBが自身をコントロール出来なかったことがショックである。

・日本代表がW杯で勝ち上がる為にはチャンピオンズリーグなど世界トップレベル

の舞台で常に闘っているようなセンターバックが出てこないと難しいのか。

・得点を量産すること以上に先に失点しないことが重要だったこの試合であのプレー

でPKは厳しい。

 

 

吉田麻也     

【サウサンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

・確かにDF陣として厳しい状況での失点なのでセンターバックだけが厳しく非難されるべきではないが、駆け引きで相手に完全に負けていたのは残念。

 

 

内田篤人     4.

【シャルケ04(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・ギリシャ戦同様決定的なプレーをして見せた。だがFWがもっていなかった。

・厳しい状況だったが守備では決定的なプレーが出来なかったことも事実。

 

 

MF

長谷部誠    

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・ボールを受け前を向き自ら前にボールを運ぶという理想的な、長谷部選手らしいプレーが3戦目にしてようやく出来た。

チーム全体が攻撃的な中でバランスもとろうとしていたがコントロールしきれなかった。

 

 

青山敏弘    3.5

【サンフレッチェ広島】

・多くの日本人がみせて欲しいと思ったプレーを攻守にわたりみせてくれたとは思う。

が、クオリティー・プレーの質が足りず気持ちだけでは結果には結びつかない。

・海外でプレーすることが全てではないが、常に日本代表として呼ばれている選手ならいいがそうでないJリーガーが海外のトップレベルの選手にいきなり対応しろという方が難しいのでは。

 

 

香川真司     2.5

【マンチェスター・ユナイテッド (イングランド・プレミアリーグ)】

・3戦目は気持ちが見えた分、プレークオリティーが落ちた。

・ミスの次のプレーがミスに引っ張られて更にミスになるというメンタルの悪循環は

この試合でも拭えなかった。

悪い時でも最低限の結果、もしくはパフォーマンスをみせれる選手でないとマンUでも継続して起用されないのか。

 

 

本田圭佑     

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

・1アシスト。

・攻守においてキーを握っていた選手。マンツーマン気味につかれていたが、

それでも前半終了間際に本当に大きな同点弾を生み出したのは素晴らしかった。

・FKの本数が多かっただけに1本、なんとか決めてみせたかったがFKとはそんな

簡単なものではないのも事実。

 

 

大久保嘉人     

【川崎フロンターレ】

・この試合でも決定的な場面を外してしまった。

・本田圭佑がつかれていた分、ボールが収まっていたが上手く回りとの連動が 出来ずボールを動かすことが出来なかった。

・能力の高さとコンディションの良さは証明出来たが、このW杯という舞台で輝ける・ラッキーボーイと呼ばれる選手は結果的に他にいたことになった。

 

 

FW

岡崎慎司     6点

【マインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

・1得点。

・厳しい体制だったが強引に相手の前に頭を入れたスーパーゴール。

・先に1点奪われスペースが少ない中でよく結果を残せた。が、自身でスペースが無い中で打開できる可能性を感じるプレーがほとんどなかった。

 

 

途中出場

 

山口蛍    4点

【セレッソ大阪】

・後半17分に青山敏弘と代わり途中出場。

・攻守においてスピードの変化をもたらし、ボール奪取・攻撃のリズムの変化をもたらした。

 

 

柿谷曜一朗    2点

【セレッソ大阪】

・後半24分に岡崎慎司に代わり途中交代。

・山口蛍とのコンビでらしさは幾度かみせたが結果を残すことは出来なかった。

・ ボールを裏へ引き出す回数が少なかった。

 

 

清武弘嗣    3点

【ニュルンベルグ (ドイツ・ブンデスリーガ)】

・後半40分に香川真司に代わり途中出場。

・最後に選んだ選手はやはり本当は使いたかった選手のような気がする。

・短い中でも良さはみせたが周りの動きが無く孤立した。

・ラッキーボーイになれるフィジカル・メンタルコンディションにあったのは清武選手だったのではないか。

 

 

出場せず

 

GK

西川周作

【浦和レッズ】

権田修一

【FC東京】

DF

酒井宏樹

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

酒井剛徳

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

伊野波雅彦

【ジュビロ磐田】

森重真人

【FC東京】

MF

遠藤保仁

【ガンバ大阪】

FW

大迫勇也

【ケルン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

斎藤学

【横浜F・マリノス】

 

 

W杯第3戦!コロンビア戦【試合結果詳細・ハイライト動画】はこちら

スポンサードリンク

 

 

ギリシャ戦【試合結果・メンバー&ハイライト動画】詳細はこちら!!

 

ギリシャ戦の【辛口採点】はこちら!!W杯で活躍したのは誰だ!?

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す