【辛口採点】カンボジア戦 サッカー日本代表を採点!!【アジア2次予選】

スポンサーリンク

 

saitennサッカー日本代表2018FIFAワールドカップアジア2次予選 〈グループリーグ第6戦〉

カンボジア代表戦辛口採点です。出場した各日本代表選手・ハリルホジッチ監督

プレー・パフォーマンスを辛口で採点します。

 

 

 

2015年11月17日(火)21時14分キックオフ(日本時間)

2018FIFAワールドカップアジア2次予選 〈グループリーグ第6戦〉

兼 AFCアジアカップUAE2019予選

カンボジア代表

シンガポール戦の3ゴール動画はこちら

 

 

採点させていただきます。

内容は課題点・問題点中心に辛口で分析し、解説・採点します。

 

サッカー日本代表 カンボジア戦 辛口採

 

採点をお待ちください!

みなさんの採点・評価もコメントにいただけたら嬉しいです!!

 

ハリル・ホジッチ監督    3点

 

シンガポール戦から8人メンバーを入れ替えて臨んだが、どのエリアも上手くフィットしなかった。

親善試合が少ない為カンボジア戦は新しいメンバーを試す機会にしなくてはならなかったとは思うが組み合わせを失敗した。

後半のメンバーを入れ替えるタイミング・メンバーは当たり、柏木・本田が結果を残した。

 

スターティングメンバー

GK

12 西川周作    6点

【浦和レッズ】

特に危険な場面は無く、カウンターやクロスに対しても的確に対応していた。

 

DF

5 長友佑都    7点

【インテル・ミラノ(イタリア・セリエA)】

得点を取れる場面があっただけに決めきりたかった。

1試合を通して素晴らしい運動量で攻守においてチームを牽引した。

前半は特に長友しか攻めてが無かった。

 

22 吉田麻也    3点

【サウザンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

CBが入れ変わられる、CBがぶっちぎられる・・・CBとしてやってはいけないプレーのオンパレード。

カウンターしかない相手にカウンターの準備もルーズ過ぎた。

 

20 槙野智章    4点

【浦和レッズ】

危険な位置で不用意にFKを与えてしまった。

ビルドアップにも効果的に加われなかった。

 

21 藤春廣輝    5点

【ガンバ大阪】

最後の最後にこの試合唯一の仕事をしてみせた。

もし最後のアシストが無ければ2点くらいの出来だった。

足にボールが付かず、長友とのバランスもあるが前半のポジショニングが悪く何も出来なかった。

 

MF

16 山口蛍    4点

【セレッソ大阪】

ポジショニングの工夫はみられたが、前半ボランチ2枚のポジショニングで攻撃の形が生まれなくなっていた。

カードは貰いたくないが、守備ではしっかり潰せていた。

 

3 遠藤航    2点

【湘南ベルマーレ】

ボールには多く絡めたが、ポジショニングが悪い為にパスミスが頻繁に起きてしまった。

ポジショニングがアンパイな場所にしか取らない為に相手を1枚も動かせず、攻撃を停滞させる原因になった。

 

FW

11 宇佐美貴史    2点

【ガンバ大阪】

特になにもせずに終わった。

スペースが無い中でどう違いを生み出せるか、ボールを受けれるか。

 

10 香川真司    6.5点

【ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)】

決定的な仕事は出来なかったが、前後半共にボールを動かしながら試合のリズムを作った。

しっかりPA内に入り上手くPKを勝ち取ってみせた。

 

8 原口元気    6点

【ヘルタ・ベルリン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

結果に繋がるプレーが出来なかったのは残念だが、ボールに多く触れながらしっかり時間を使って攻めるという点を体現してみせた。

 

9 岡崎慎司    5点

【レスター・シティ(イングランド・プレミアリーグ)】

PKを外してしまったのは残念。

だが岡崎が得点を奪えるポジションで競った為に先制点のオウンゴールが生まれた。

前半チームが上手くいかない中でも個人1人の力で得点を奪えそうな違いを見せれた唯一の選手。

 

途中出場

7 柏木陽介    7.5点

【浦和レッズ】

後半00分から3 遠藤航に代わり途中出場。

監督からの指示もあっただろうが、ポジショニングとパスの質で日本に主導権をもたらした選手。

遠藤保仁を思わせるゲームコントロールをみせた。

最後イージーなパスミスが増えたこととシュートを決めきる所が改善されれば代表に残れる。

 

4 本田圭佑    7点

【ACミラン(イタリア・セリエA)】

後半17分に宇佐美貴史と代わり出場。

宇佐美が消えていたが本田が入ってからはずっと本田にボールが集まっていた。プレースタイルが違うのはあるが、選手としての差も大きい。

短い時間でもいくつもの得点機に絡み、しっかりゴールという結果も残してみせた。

 

18 南野拓実    4点

【ザルツブルグ(オーストリア)】

結果にこだわっていただけに短い時間なのに訪れた決定的チャンスをコースに打ちこみ決めきりたかった。

 

スポンサーリンク

出場せず

GK

1 東口順昭 (怪我の為不参加)

【ガンバ大阪】

1 六反勇治 (追加招集)

【ベガルタ仙台】

23 林彰洋

【サガン鳥栖】

DF

6 森重真人

【FC東京】

19 酒井宏樹

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

2 丸山祐市

【FC東京】

MF

17 長谷部誠

【フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

13 清武弘嗣

【ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

FW

15 金崎夢生

【鹿島アントラーズ】

14 武藤嘉紀

【1.FSVマインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

 

アウェーカンボジアのゴール動画・試合結果詳細はこちら!

 

2015年W杯ロシアアジア2次予選第7戦アフガニスタン代表戦のテレビ放送予定・動画・日程詳細はこちら!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す