ブラジル戦【辛口採点】2014年10月14日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saitennINTERNATIONAL FRIENDLY MATCH ブラジル戦

出場した各日本代表選手・アギーレ新監督ブラジル代表でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

アギーレジャパン第4戦!!辛口で採点します!

スポンサーリンク



 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

点数は全体のパフォーマンスではなく試合の結果に関与した度合を優先しています。

 

 

日本代表 国際親善試合2014 ブラジル代表戦  辛口採点

 

 

アギーレ 監督    

0-4と結果・内容ともに惨敗。

本田や長友をベンチに置きスタメンには世界での経験が少ない選手を多く起用したのは、世界のトップレベル相手に他国でどれだけできるかを観るアジアカップへの選考の面が大きいのか。

その中でも戦術面では上手くはまっていた部分もあったが、経験の浅い選手のミスが多く更にそれが失点に繋がりつまらない試合となってしまった。

 

 

スターティングメンバー

 

GK

1 川島永嗣    3点

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

4失点。 

1・2・4失点目に関してはノーチャンス。

1失点目はあれだけスピードに乗られた1対1はついてはいけない。

2失点目もあれだけ余裕のある正面の1対1ではコースを絞らせられない。

3失点目は落ちてくる弾道のシュートに対して前で触らないと苦しくなる場面で弾く場所がネイマールのとったポジションしかなかった。

そこをボールウォッチャーになってケア出来なかったDFのミス。

だがネイマールのコントロールしにくい場所には

コントロールして弾きたかった。

4失点目もドフリーの近距離ヘディングでノーチャンス。

クロスも出れるボールではない。

失点以外では鋭い反応でセーブした場面や素早い詰めで1対1のコースを消し外させる場面などもみせた。

 

 

DF

21 大田宏介    6点

【FC東京】

攻守にわたって自身が主導権を握るような積極的なプレーをみせた。

クロスの精度も高く、見方の動きに合わせ様々なクロスでチャンスを作り出した。

守備の際にそこしかないという切り方をする瞬間に見方がそこを潰しに良ければもっとボールを奪えていたはず。

アリークロスなど抜ききらずにチャンスを作れる精度は大きな武器だが、

フィジカルの強い相手に対して競り勝てるようなFWが少ないので集団での崩しやドリブル突破など

ブラジル相手に通用しなかった部分を改善したい。

 

 

6 森重真人    5.5点

【FC東京】

センターバックとして4失点は責任は大きい。

3失点目に繋がるクリアはゴール前ではあったが相手は周囲にいなかったので冷静にコントロールして大きくクリアしていれば拾われてシュートを打たれることもなかった。

いつも通り冷静な対応で無難にプレー出来ていた印象。

ビルドアップでもう少し貢献して欲しい。

 

 

16 塩谷司    2点

【サンフレッチェ広島】

イージーなミスも有り、これまでの代表戦とは違い安定感の無いパフォーマンス。

1失点目は中盤のルーズな守備が大きな要因だが、CBとしてはっきりとファーストディフェンダーを決めて行かせなければいけないし、それが出来ていれば

酒井高徳と2人でネイマールを観ることが出来ていたかもしれない。

4失点目に関してもネイマールをマークしていたのは塩谷。

あの場面で危険なエリアに入るよりもそのまま人についていかなければいけない。

あの場面でネイマールのマークを外したのはイージー過ぎるミス。

 

 

3 酒井高徳    3点

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

1失点目のマークを外したのは中へ切り込まれたこととオフサイドへの一瞬の迷いが原因か。

遅れてもいいから中からプレスをかけれるだけの距離ではついていければGKもコースの限定のしようもあったがそれすら出来ないほどマークを剥がされてしまった。

フィジカルの強さとブンデスリーガでの経験を活かしよくネイマールを抑えていたが

ボールを持っても持たなくてもスピードに乗られると対応出来ていなかった。

積極的な仕掛けで自らボールを運び岡崎への決定的なクロスなどチャンスも作り出せていた。

 

 

MF 

22 田口泰士    2点

【名古屋グランパス】

競り合いの場面では身体能力の高さとタイミングを活かしよく競り勝っていたが、

Jリーグでは通用するかもしれない相手をいなそうとするような軽いプレーがひっかかっていたのが最悪の印象。

簡単なプレーでは質の高さは見えたが重要な縦パスの精度・スピードともに低くことごとく通らなかった。

攻守において運動量はありよく顔を出せていたがプレースピードが遅く縦への推進力が無かったし、守備でのマークの付き方にも難を感じた。

2失点目もボールホルダーが自分の方につっかてくる難しく厳しい場面ではあるが

オフサイドを取りにいくにしてもネイマールにつくにしても完全に距離をとられて背後をとられる状況は対応のミスと言える。

3失点目につながるカカのクロスバーに当たるヘディングシュートに競っていただけに競り勝つ、もしくは体制を崩させて枠外に飛ばさせる対応が出来ないと

CBのカバーに入るアンカーとしては厳しい。

 

 

20 森岡亮太    2点

【ヴィッセル神戸】

後半00分に本田圭佑と途中交代

何もしていない印象。

ミスが多く試合に全然入れていないようなプレー。

判断スピードも遅く縦へのパスもひっかかる場面が多く自身の良さを全く出せなかった。

ブラジル戦でスタメンで使ってもらっただけにこの経験を次に活かす義務がある。

 

 

7 柴崎岳    1.5点

【鹿島アントラーズ】

後半39分に鈴木大輔と途中交代

もちろん攻守に置いて顔を出す運動量の豊富さやゲームの組み立てなど良い部分もあったが、それ以上に失点に絡む大きなミスがあった。

2失点目は確かにあそこをアウトサイドでダイレクトで繋げれば中で3枚一気に剥がせて大きなチャンスに繋がったかもしれないがそこに出すしか選択肢がなかった訳ではないので後ろの状況もふまえて決断するべきだった。

あの場面でのミスが世界では決定的なミスになる。

3失点目もコウチーニョのシュートに柴崎がいったからにはあの対応は軽すぎる。

あれでは本当にただ顔を出しに来ただけで運動量の意味がない。

 

 

FW

8 田中順也    4点

【スポルティング・リスボン(ポルトガル・プリメイラ・リーガ)】

後半25分に細貝萌と途中交代

質は高く無いながらもはっきりとしたプレーの選択はアギーレ監督の好みなのかもしれない。

ただ得点に絡むにはもうひとつこねるなどの工夫が必要か。

美味い受け方で岡崎へのパスでシュートチャンスを作るなど良いプレーもあったが、

クロスの本数よりもシュート数を増やすくらいの気持ちでプレーの選択をしないと生き残れないのでは。

 

 

19 小林悠    3点

【川崎フロンターレ】

後半07分に 武藤嘉紀と途中交代

前半終了間際の決定的なチャンスで上にふかしてしまったのが結果的にこの試合を大きく決めてしまった。

W杯の大久保のようではなく少ないチャンスをものに出来るFWが今後必要とされる。

守備でも運動量豊富によく対応していたが攻守において物足りないという印象。

 

 

9 岡崎慎司    6点

【マインツ05(ドイツ・ブンデスリーガ)】

後半33分に柿谷曜一朗と途中交代

前線でのキープで大きく貢献した。

ブラジル相手にこれだけ個人でキープ出来るFWは日本史上初ではないか。

ただCFWとしてチャンスはあっただけに決めたかった。

スペースを与えられない中でも決定機を作り出す動きが欲しかった。

 

途中出場

 

4 本田圭佑    3点

【ACミラン(イタリア・セリエA)】

後半00分に森岡亮太に代わり途中出場

後半早々2失点目を喫する難しい中、本田にボールが入ると2,3枚集まる厳しいチェックを受け完全に消されてしまっていた。

後半の立ち上がりは上手く試合に絡めず、徐々にボールが入るようになっても見方のサポートが少なくチャンスを作り出すことが出来なかった。

前半から観たかった選手。

 

 

14 武藤嘉紀    4.5点

【FC東京】

後半07分に小林悠に代わり途中出場

ブラジル代表選手に対し一人でクロスやシュートをやりきれる唯一の選手だった。

スピードやキレは通用していたが、プレーに無駄が多いことと判断スピードの遅さが今後の課題か。

 

 

13 細貝萌    3.5点

【ヘルタ・ベルリン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

後半25分に田中順也に代わり途中出場

ポジション取りが素晴らしく危険な場所を潰せていた。

前半から出場した場合のブラジルへの対応が観たかった選手。

 

 

11 柿谷曜一朗    2点

【FCバーゼル(スイス・スーパーリーグ)】

後半33分に岡崎慎司に代わり途中出場

短い出場時間で唯一来たチャンスをパスなのかトラップミスなのかで不意にしてしまった。

得意なプレーでFWとして決定機をものに出来ないとバーゼル・代表ともに今後が不安。

 

 

15 鈴木大輔    4点

【柏レイソル】

後半39分に柴崎岳に代わり途中出場

終盤に入り最後の守備の引き締めとしてしっかりシンプルに対応出来ていた。

 

 

出場せず

 

GK

12 西川周作

【浦和レッズ】

23 権田修一

【FC東京】

DF

5 長友佑都

【インテル・ミラノ (イタリア・セリエA)】

2 水本裕貴

【サンフレッチェ広島】

20 西大吾

【鹿島アントラーズ】

MF

FW

10 香川真司 (ジャマイカ戦で脳震盪の為離脱)

【ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)】

18 ハーフナー・マイク

【コルドバ(スペイン・リーガエスパニョーラ)】

 

 

ブラジル戦【試合結果詳細・ハイライト動画】はこちら

 

ジャマイカ戦【試合結果・メンバー&ハイライト動画】詳細はこちら!!

 

ジャマイカ戦の【辛口採点】はこちら!!パフォーマンスが良かったのは誰だ!?

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す