イタリア2-4ブラジル コンフェデ杯【試合結果・詳細】 王者ブラジル3連勝!

スポンサーリンク

 

naima-ruFIFAコンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会

グループリーグA   イタリア vs ブラジル

【試合結果・詳細】です。 (2013年6月23日)

 

 

会場       アレナ・フォンテ・ノバ

観客数     48874人

 

イタリア  vs  ブラジル   試合結果です。

トータルスコア    2 - 4

前半         0 - 1

後半           2 - 3

 

 

得点者

前半46分   ダンテ (ブラジル

後半06分   ジャッケリーニ (イタリア

後半10分   ネイマール (ブラジル

後半21分   フレッジ (ブラジル

後半26分   キエッリーニ (イタリア

後半44分   フレッジ (ブラジル

 

イエローカード

前半08分   4 ダビジ・ルイス (ブラジル)

前半28分   10 ネイマール (ブラジル)

前半40分   8 クラウディオ・マルキジオ (イタリア)

前半44分   17 ルイス・グスタヴォ (ブラジル)

レッドカード

 

イタリア代表   フォーメーション  4-5-1

スターティングメンバー

GK

1 ジャンルイジ・ブッフォン

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

DF

19 レオナルド・ボヌッチ

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

3 ジョルジョ・キエッリーニ

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

20 イグナツィオ・アバーテ

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

5 マッティア・デ・シリオ

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

MF

6 アントニオ・カンドレーヴァ

【ラツィオ (イタリア・セリエA)】

18 リッカルド・モントリーヴォ

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

7 アルベルト・アクイラーニ

【フィオレンティーナ (イタリア・セリエA)】

23 アレッサンドロ・ディアマンティ

【ボローニャ (イタリア・セリエA)】

8 クラウディオ・マルキジオ

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

FW

9 マリオ・バロテッリ

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

 

交代

前半26分  IN  22 エマヌエレ・ジャッケリーニ  OUT  18 リッカルド・モントリーヴォ

前半30分  IN  2 クリスチャン・マッジョ  OUT  20 イグナツィオ・アバーテ

後半27分  IN  14 ステファン・エル・シャーラウィ  OUT  23 アレッサンドロ・ディアマンティ

 

サブ

GK

12 サルバトーレ・シリグ

【パリ・サンジェルマン (フランス・リーグアン)】

13 フェデリコ・マルケッティ

【ラツィオ (イタリア・セリエA)】

DF

2 クリスチャン・マッジョ

【ナポリ (イタリア・セリエA)】

4 ダビデ・アストーリ 

【カリアリ (イタリア・セリエA)】

15 アンドレア・バルツァッリ

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

MF

16 ダニエレ・デ・ロッシ

【ASローマ (イタリア・セリエA)】

21 アンドレア・ピルロ

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

22 エマヌエレ・ジャッケリーニ

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

FW

10 セバスチャン・ジョビンコ

【ユベントス (イタリア・セリエA)】

11 アルベルト・ジラルディーノ

【ボローニャ (イタリア・セリエA)】

14 ステファン・エル・シャーラウィ

【ACミラン (イタリア・セリエA)】

17 アレッシオ・チェルシ

【トリノ (イタリア・セリエA)】

 

 

スポンサードリンク

ブラジル代表   フォーメーション  4-5-1 

 スターティングメンバー

GK

12 ジュリオ・セザール

【クイーンズ・パーク・レンジャーズ(イングランド・プレミアリーグ)】

DF

3 チアゴ・シウヴァ

【パリ・サンジェルマン(フランス・リーグアン)】

4 ダビジ・ルイス

【チェルシー(イングランド・プレミアリーグ)】

2 ダニエウ・アウヴェス

【バルセロナ(スペイン・リーガエスパニョーラ)】

6 マルセロ

【レアル・マドリード(スペイン・リーガエスパニョーラ)】

MF

17 ルイス・グスタヴォ

【バイエルンミュンヘン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

8 エルナネス

【ラツィオ(イタリア・セリエA)】

19 ウルク(フッキ)

【ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア・プレミアリーグ)】

10 ネイマール

【サントス、ブラジル】

11 オスカル

【チェルシー(イングランド・プレミアリーグ)】

FW

9 フレッジ

【フルミネンセ、ブラジル】

 

交代

前半34分  IN  13 ダンテ  OUT  4 ダビジ・ルイス

後半24分  IN  20 ベルナルジ  OUT  10 ネイマール

後半31分  IN  5 フェルナンド  OUT  19 ウルク(フッキ)

 

サブ

GK

12 ジュリオ・セザール  

【クイーンズ・パーク・レンジャーズ(イングランド・プレミアリーグ)】

22 ジエゴ・カバリエリ

【フルミネンセ、ブラジル】

1 ジェフェルソン

【ボタフォゴ、ブラジル】

DF

16レーベェル

【アトレチコ・ミネイロ、ブラジル】

15 ジャン

【フルミネンセ、ブラジル】

14 フェリペ・ルイス

【アトレチコ・マドリード(スペイン・リーガエスパニョーラ)】

3 チアゴ・シウヴァ

【パリ・サンジェルマン(フランス・リーグアン)】

13 ダンテ

【バイエルン・ミュンヘン(ドイツ・ブンデスリーガ)】

MF

18 パウリーニョ

【コリンチャンス、ブラジル】

5 フェルナンド

【グレミオ、ブラジル】

20 ベルナルジ

【アトレチコ・ミネイロ、ブラジル】

23 ジャジソン

【サンパウロ、ブラジル】

FW

7 ルーカス・モラウ

【パリサンジェルマン(フランス・リーグアン)】

21 ジョー

【アトレチコ・ミネイロ、ブラジル】

 

 

支配率   イタリア 45%   ブラジル 55%

ほぼ変わらない接戦でした。

シュート数   イタリア 10(枠内4)  ブラジル 14(枠内11)

ブラジルの方が圧倒的にシュートまでもっていけて、

枠内にも打てていた。

イタリア代表は枠内へのシュートを1試合で4本しか打てない中で、

2得点と決定力の高さが伺えます。

ファール数   イタリア 18   ブラジル  27

ブラジル代表は安定してファールが多いです。

しかし安定して3連勝。

上手いファールの仕方が相手に流れを渡さないことに繋がります。

マリーシアと言われるずる賢さのあるプレーがサッカー王国

ブラジルの醍醐味ですね。

オフサイド数   イタリア 1  ブラジル 3

コーナーキック数   イタリア 6  ブラジル 5

 

 

マンオブザマッチ 『ネイマール』選手(ブラジル

 

brazil7

 

イタリア ブラジル

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す