ベルギー戦 【辛口採点】2013年11月19日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saitenn欧州遠征2013 ベルギー

出場した各日本代表選手・監督ベルギー代表戦でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

辛口で採点します!

 

 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

 

 

日本代表 欧州遠征2013 ベルギー 辛口採点

 

 

ザッケローニ 監督   7点

ベルギーという強豪国相手に先発メンバーを上手くオランダ戦から変更し、

かつ機能させた手腕は素晴らしい。

GK・DFの5人全ての選手がビッククラブに所属する選手相手に3得点を奪う

攻撃面での戦術は改善・洗練されてきた部分。

ただ守備の面で戦術的な面では上手く1トップのスペースとサイドでの数的優位と

相手の良さを上手く消せていたが、連携面と守備の状態を考えた攻撃面での優先順位

をはっきりさせないと本来ならもっと失点してもおかしくない場面はあった。

遠藤保仁の使い方など新たなオプションも発見出来た。

今後来年3月まで本当に試合をせずに過ごすのか、今後のザッケローニ監督の

マネジメントが楽しみ。

 

スターティングメンバー

GK

川島永嗣   3点

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

2失点。

1失点目はGKの判断ミス。

気持ちが入り過ぎたか出たなら切らなきゃいけないし、無理して出るメリットの

少ないボールだった。

クロスの対応、吉田が裏を取られた際の1対1のシュートストップはさすが欧州で

プレーしているGKというプレー。

ロングキックのミスをなくし、質も上げて欲しい。

 

DF

酒井高徳   4点

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

1失点目の半分の責任は酒井高徳のミス。

素早くボールによって大きくクリアしなければいけない場面を、相手の存在に

気が付けず繋ぐことを考えてしまった。

運動量はかなり多く、特に守備の場面でよく戻りきっていた。

後半41分に今野泰幸と交代。

 

 

酒井宏樹   7点

ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

1アシスト。(1得点目、クロスで柿谷曜一朗へアシスト)

アシストの場面と同じ形でクロスを2,3本上げれていたので必然のピンポイントの

素晴らしいアシスト。

守備でも右サイドの1対1をほとんど制圧していた。

ただ2対2など枚数のそろった守備の場面で上手く連携が取れない場面も。

 

吉田麻也   6.5点

【サウサンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

オランダ戦に続き今年ベストのパフォーマンスでは。

力が抜けていてシンプルかつ大胆に身体を張ってプレー出来ていた。

後半裏を抜かれる決定的なミスもGK川島がカバーし、最後は自ら身体を張って守った。

ビルドアップもこの試合はほとんどミスもなくスムーズにシンプルにプレー出来ていた。

 

森重真人   5点

【FC東京】

安定感のある守備を見せつつも後半最後の場面で不用意なパスミスでピンチを作り

悪い印象で試合を終えてしまった。

前線からの早いプレスでパスは出てこなかったが、ワントップの20番ルカクに何度も

裏を取られかけていた場面が見られた。

 

MF

長谷部誠   6点

【 ニュルンベルグ(ドイツ・ブンデスリーガ)】

攻守においてチームの軸になる働きが出来ていた。

ボールを動かす中心には長谷部誠が入り、一つ前に遠藤が入る形が依然と違う流れを

作り出している。

3得点目を生み出した柿谷曜一朗へのパスをはじめとするゴールへボールを運べる力

は今の日本代表のバランスにぴったりきている。

 

山口蛍   6点

【セレッソ大阪】

攻撃面では人を活かす動きが素晴らしかった。1得点目も山口蛍の動きがあったから

酒井宏樹がクロスを上げることが出来た。

守備面でも対人の強さをベルギー代表相手にも発揮し、中盤でつぶせていた。

後半0分に遠藤保仁選手と交代。

 

本田圭佑   8点

【CSKAモスクワ (ロシシア・プレミアリーグ)】

1ゴール。

1得点目も本田圭佑の丁寧なパスから酒井宏樹のクロスからのゴール。

ゴールの場面もイメージ通りのボールの動かし方でDFとGKを出しぬく素晴らしいゴール。

ボールをしっかりキープし失う場面も少なく、CK、FKでも危険なボールを入れれていた。

運動量もとても多く守備でも本田の存在で後ろが楽になっていた。

 

FW

香川真司   7点

【マンチェスター・ユナイテッド (イングランド・プレミアリーグ)】

試合を通して高いクオリティのプレーを披露。ただ結果が欲しかった。

ボールを失わずに自ら運び局面を打開しシュートまでいける場面は素晴らしかった。

警戒され狙われていたのもあるが自らシュートへもっともっていって欲しかった。

最近のマンUでの試合でもそうだが守備への貢献度がどんどん増している。

簡単にやらせないサイドでの守備はチームに大きく貢献した。

後半37分に細貝萌選手と交代。

 

清武弘嗣   4点

【ニュルンベルグ (ドイツ・ブンデスリーガ)】

焦りかバイタルエリアでボールを失う場面が多く見られたのが残念。

大きな見せ場も作れず良いリズムも作り出せなかったが、ボールを動かす繋ぎ目の

役割は果たした。

後半0分に岡崎慎司選手と交代。

 

柿谷曜一朗   8.5点

【セレッソ大阪】

1ゴール、1アシスト。

1得点目のDFとDFの間に入り込む動き出しは素晴らしかった。

アシストも繊細なタッチで完璧なアシスト。

そろそろ結果を出さないと厳しい場面で見事結果を残してみせた。

積極的に自分で取りに行く姿勢が素晴らしかった。

守備でも運動量豊富でしっかりハードワーク出来ていた。

後半18分に大迫勇也選手と交代。

 

途中出場

 

遠藤保仁   7点

【ガンバ大阪】

後半0分に山口蛍と変わり途中出場。

1アシスト。(2得点目、本田圭佑へのアウトサイドでのパス)

流れを変える積極的なプレー。守備でも危険な場所を潰していた。

結果を残し2試合出スタメンを外れるも大きなアピールに。

 

岡崎慎司   7点

【シュツットガルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

後半0分に清武弘嗣選手と変わり途中出場。

1得点。

3得点目は落ち着いて貯めて打った素晴らしいシュート。

攻守において豊富な運動量でチームに貢献した。

ただ・・・滑り過ぎか・・・

 

大迫勇也   3点

【鹿島アントラーズ】

後半18分に柿谷曜一朗と変わり途中出場。

試合の流れにフィット出来ず。

背負っつて裁く場面は良かったが、 見せ場は作れず。

 

細貝萌   5点

【バイエル・レバークーゼン(ドイツ・ブンデスイーガ)】

後半37分に細貝萌と変わり途中出場。

運動量が落ちた中盤でハイプレッシャーを相手にかけ大きな役割を果たした。

 

今野泰幸   5点

【ガンバ大阪】

後半41分に酒井高徳に変わり途中出場。

シンプルにミスなく最後の締めを飾った。

最後の森重のミスからのピンチを2度上手いポジショニングと競り合いで上手く凌いで

勝ち切ることに大きく貢献した。

 

出場せず

 

GK

西川周作

【サンフレッチェ広島】

権田修一

【FC東京】

DF

長友佑都

【インテル・ミラノ (イタリア・セリエA)】

内田篤人

【シャルケ04 (ドイツ・ブンデスリーガ)】

伊野波雅彦

【ジュビロ磐田】

MF

高橋秀人

【FC東京】

FW

斎藤学  (左足首負傷のため辞退)

【横浜F・マリノス】

乾貴士  (追加招集) 

【アイントラハト・フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

 

スポンサードリンク

 

 

オランダ戦【辛口採点】はこちら!!

 

ベルギー戦【試合結果・メンバー】詳細はこちら!!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す