ベラルーシ戦 【辛口採点】2013年10月15日 サッカー日本代表を採点!!

スポンサーリンク

 

saitenn欧州遠征2013 ベラルーシ戦

出場した各日本代表選手・監督ベラルーシ代表でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

辛口で採点します!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

採点させていただきます。点数は10点が最高で考えます。

 

 

日本代表 欧州遠征2013 ベラルーシ戦 辛口採点

 

 

ザッケローニ 監督  4点 

セルビア戦の出来から多くのチャレンジが出来なかったのは仕方がない。

後半立ち上がりでメンバーを入れ替え3-4-3に変更するオプションを試したが上手くフォーメーションの切り替えが機能せず、マークとポジショニングがずれていた時間帯が5~10分弱あり、強豪国ではこの時間帯で必ず失点する。

3-4-3の質の向上もそうだが4-2-3-1からの試合中での切り替えの部分の質の向上も不可欠。

 

スターティングメンバー

 

GK

1 川島永嗣  5点

【スタンダージュ・リエージュ(べルギー・ジュピラーリーグ)】

決定的なPA内からのシュートをスーパーセーブ。

失点場面はあの距離からあの弾道であのプレスでは厳しいか。

FKのブレ玉への対応も良かった。

 

DF

5 長友佑都  4点

【インテル・ミラノ (イタリア・セリエA)】

後半16分に酒井高徳と途中交代。

交代は試合中に接触プレーで膝を痛めたことを考慮してか。

2度マークが甘かったのが続いたのが1失点目の原因のひとつか。

攻撃参加も上手く回りとタイミングが合わない場面が多かった。

 

2 内田篤人  6点

【シャルケ04 (ドイツ・ブンデスリーガ)】

後半40分にハーフナーマイクと途中交代。

セルビア戦に続き攻撃参加が多く見られた。

自らシュートまでもっていく場面もあり右サイドを活性化させていた。

 

22 吉田麻也   4点

【サウサンプトン(イングランド・プレミアリーグ)】

ゴール前の守備でコーチングして自分の準備が一瞬遅れ自分のマークに

決定的なシュートを打たれた。

ベラルーシの意図か立ち上がり吉田にボールが集まるようにプレスがかかって

いたが効果的にボールを動かせず。

高さのある相手に対して制空権は取れていた。高さでセットプレーのアクセントとなれるのも魅力的で惜しいヘディングシュートもあった。

 

15 今野泰幸   6点

【ガンバ大阪】

CBが起点になる場面が多かったが、縦にボールを入れることができ、

やはりビルドアップの面がストロングポイントであることを証明した。

3バックになり更に攻撃面で力を発揮した。

守備では高さで負ける場面はあるもしっかり身体を当てているので

問題有る競り負け方はなかった。

 

MF

7 遠藤保仁  5点

【ガンバ大阪】

バックパスで決定的なパスミス。相手変われば失点の場面を作ってしまった。

ゲームの中心に入りボールを動かしたがスペースが無い中で決定的な場面

を作れず。ボールの動かし方はいつも通り精度の高さをみせた。

守備においても経験値・戦術眼の高さを見せインターセプトなどで大きく貢献した。

 

17 長谷部誠  4点

【ニュルンベルグ (ドイツ・ブンデスリーガ)】

後半24分に山口蛍と途中交代。

ボランチとして多くのボールに絡み、ボールロストも少なく好プレー。

運動量も多く攻守に貢献した。

が、失点場面はもう少し激しくプレスにいきコースを限定しなければいけなかった。

 

4 本田圭佑  4点

【CSKAモスクワ (ロシシア・プレミアリーグ)】

ゴール前で前を向いてボールを持てた場面ではスルーパスで危険な場面を

幾度か作るも、中盤でボールを失う場面が多く残念なプレー。

FKでは精度の高いボールで森重の頭に合わせ決定的なチャンスを作った。

 

FW

9 岡崎慎司  4点

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

攻守において運動量豊富で質の高いプレーも得点を奪えず。

シュートチャンスも幾度かあり、FKからのシュートなど決め切りたかった。 

FWが決めるところで決めないと勝てない。

前を向いて自らシュートまでいく積極性は良かった。

 

10 香川真司  3点

【マンチェスター・ユナイテッド (イングランド・プレミアリーグ)】

見せ場はなし。

ボールが足に付いていない場面が多く見受けられ、ボールを失う場面が

多いのが残念。

下まで降りてボールを受け動かすのも良かったが前線での左右真ん中での

ポジショニングにもう少し工夫が欲しかった。

 

11 柿谷曜一朗  3点

【セレッソ大阪】

後半06分に森重真人と途中交代。

相手のミスからだがGKとの1対1の場面は決めなければいけない。

セルビア戦よりはポストプレーやDFラインの背後に抜け出す場面

などゲームに絡めたが、まだまだチームにフィットしきれず。

 

途中出場

 

6 森重真人  6点

【FC東京】

後半06分に柿谷曜一朗に変わり途中出場。 

守備での対人への強さも、ビルドアップの能力共に高いものをみせ、

3バックに変更した際のオプションの最優先の選択肢だと証明した。

セットプレーでの高さ・強さもみせ本田のFKからチャンスを作った。

 

3 酒井高徳  4点

【シュツットガルト (ドイツ・ブンデスリーガ)】

後半16分に長友佑都に変わり途中出場。

積極的に自ら仕掛けることは現在の立場からして当然のチャレンジだが

仕掛けて奪われたりクロスの質が低かったりとアピールに失敗した。

守備においてのフィジカルの強さは光った。

 

16 山口蛍  6点

【セレッソ大阪】

後半24分に長谷部誠に変わり途中出場。

中盤で上手くボールを裁き出来る限り縦にボールを入れれていた。

ポジショニングもよく攻守において安定感のあるパフォーマンスを見せた。

 

18 ハーフナーマイク  3点 

SBVフィテッセ(オランダ・エールディヴィジ)】

後半40分に内田篤人に変わり途中出場。

セルビア戦に続き短い出場時間だがアピール出来ず。

高さがあるも同じく高さのある相手には勝てないという判断からか

シンプルにハーフナーに当てるロングパスもGKから以外はこの試合もなかった。

 

出場せず

 

GK

12 西川周作

【サンフレッチェ広島】

23 権田修一

【FC東京】

DF

21 酒井宏樹 

ハノーファー96(ドイツ・ブンデスリーガ)】

19 伊野波雅彦

【ジュビロ磐田】

MF

8 清武弘嗣

【ニュルンベルグ (ドイツ・ブンデスリーガ)】

13 細貝萌 

【バイエル・レバークーゼン(ドイツ・ブンデスイーガ)】

14 乾貴士 

【アイントラハト・フランクフルト(ドイツ・ブンデスリーガ)】

FW

20 斎藤学  

【横浜F・マリノス】

 

 

セルビア戦 【試合結果】 詳細はこちら

 

ベラルーシ戦 【試合日程・結果】 詳細はこちら

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す