オーストラリア戦 【解説】

スポンサーリンク

 

 

uchida72013年6月4日、埼玉スタジアム2002で19:30から行われた、サッカー日本代表、アジア最終予選オーストラリア戦の解説です。
 

ワールドカップ出場なるか!!?

 
 
 
 
 
スポンサードリンク

JP-austraria1

 

メンバーはGK川島、DF左から長友・今野・吉田・内田、MF遠藤・長谷部、前の三枚が岡崎・香川・本田、FWのワントップに前田。

 

誰もが文句ないメンバーを選びましたねザックは。

JP-austraria1.2

 

オーストラリアは立ち上がりからプレッシングや長いボールで仕掛けてきました。

オーストラリアはどうしても勝ち点が必要な状況だったので、終始勝ち点を取る・勝ちに行く闘い方をしていました。

 

そんなどうしても勝ちたいオーストラリア代表でしたがそんな中でもフェアなプレーをしてうれたので見ていてとても気持ちの良いクリーンなゲームでしたね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す