アトレチコミネイロvs広州恒大【速報・試合結果】クラブW杯3位決定戦

スポンサーリンク

 

Zemanta Related Posts ThumbnailFIFAクラブワールドカップ2013モロッコ【3位決定戦】

アトレチコ・ミネイロ(南米王者)vs広州恒大(アジア王者)

【速報・試合結果詳細】です。

 

 

会場  マラケシュスタジアム(モロッコ)

 

日時  2013年12月22日(日)01:30キックオフ【日本時間】

 

テレビ放送  日本テレビ系列 21日(土)24:59~28:00【日本時間】

 

 

アトレチコ・ミネイロ vs 広州恒大 【試合結果】

トータルスコア    3 - 2

前半          2 - 2

後半            1 - 0  

 

 

【得点者】

前半02分  9 ジエゴ・タルデリ 【アトレチコ・ミネイロ】

前半09分 11 ムリキ 【広州恒大】

前半15分 15 コンカ 【広州恒大】

前半46分 10 ロナウジーニョ 【アトレチコ・ミネイロ】

後半46分 27 ルアン 【アトレチコ・ミネイロ】

 

【イエローカード】

前半14分 14 ルーカス・カンジード 【アトレチコ・ミネイロ】

前半33分 32 ソン・ショウ 【広州恒大】

後半45分 4 レーベル 【アトレチコ・ミネイロ】

 

【レッドカード】

後半42分 10 ロナウジーニョ 【アトレチコ・ミネイロ】

 

アトレチコ・ミネイロ フォーメーション 4-2-3-1

 

スターティングメンバー

GK

1 ビクトール 【ブラジル代表】

DF

14 ルーカス・カンジード 【ブラジル】

4 レーベル 【ブラジル代表】

3 レオナルド・シルバ 【ブラジル】

2 マルコス・ロッシャ 【ブラジル代表】

MF

28 ジョズエー 【元ブラジル代表】

5 ピエーレ 【ブラジル】

11 フェルナンジーニョ 【ブラジル】

10 ロナウジーニョ 【元ブラジル代表】

9 ジエゴ・タルデリ 【元ブラジル代表】

FW

7 ジョー 【ブラジル代表】

 

【交代】

前半33分 IN 6 ジュニオール・セザール  OUT 14 ルーカス・カンジード 

後半15分 IN 27 ルアン  OUT 7 ジョー

後半34分 IN 8 レアンドロ・ドニゼッチ  OUT 28 ジョズエー

 

【サブ】

GK

23 リー 【ブラジル】

87 ジオバンニ 【ブラジル】

DF

6 ジュニオール・セザール 【ブラジル】

26 カルロス・セザール 【ブラジル】

29 ミシェウ 【ブラジル】

MF

8 レアンドロ・ドニゼッチ 【ブラジル】

15 ジウベルト・シウバ 【元ブラジル代表】

88 ロジネイ 【ブラジル】

FW

17 ギリェルメ 【ブラジル】

19 アレクサンドロ 【ブラジル】

25 ネット・ベローラ 【ブラジル】

27 ルアン 【ブラジル】

スポンサードリンク

 

広州恒大 フォーメーション 4ー1-4-1

 

スターティングメンバー

GK

22 リ・スイ 【中国】

DF

32 ソン・ショウ 【中国代表】

28 キム・ヨンゴン 【韓国代表】

6 ヒョウ・ショウテイ 【中国代表】

5 チョウ・リンホウ 【中国代表】

MF

10 テイ・チ 【中国代表】

11 ムリキ 【ブラジル】

16 コウ・ハクブン 【中国代表】

15 コンカ 【アルゼンチン】

29 コク・リン 【中国代表】

FW

9 エウケソン 【ブラジル】

 

【交代】

後半19分 IN 33 エイ・コウ  OUT 32 ソン・ショウ

後半32分 IN 7 ヒョウ・シュンゲン  OUT 9 エウケソン

後半40分 IN 37 チョウ・キョクジツ  OUT 10 テイ・チ

 

【サブ】

GK

19 ソ・セイ 【中国代表】

1 ヨウ・クン 【元中国代表】

DF

3 ヨウ・トク 【中国】

4 チョウ・ホウ 【中国代表】

14 ヒョウ・ジンリョウ 【中国代表】

33 エイ・コウ 【中国代表】

MF

37 チョウ・キョクジツ 【中国代表】

7 ヒョウ・シュンゲン 【中国】

8 シン・ショウ 【中国代表】

34 コ・イイ 【中国】

FW

30 ヨウ・チョウセイ 【U-22中国】

 

アトレチコ・ミネイロvs広州恒大戦の感想・レビュー

 

点もトータル5点入り、ロナウジーニョが活躍し、退場し、見ごたえのある3位決定戦

になったのではないでしょうか?

まさにロナウジーニョ劇場といえる試合だったかもしれません。

アトレチコ・ミネイロとしては厳しい大会になったなという印象です。

結局コンディションは上がらずチームとしては低調なパフォーマンスで

終わってしまいました。

3位決定戦は前半は広州恒大ペース、後半はアトレチコ・ミネイロペースといった

形で進み、前半以降チャンスをことごとくバーやポストとGKに阻まれた広州恒大が

最後の最後で集中が切れてしまった試合でした。

ロナウジーニョ選手はコンディションが低くても結果を残す姿勢は素晴らしかったですね。

FKのクオリティは素晴らしかったです。残念だったのは遊び心のあるプレーが低い位置

でしか見ることが出来なかったことですね。

中盤の高い位置でボールを上手くさばける選手がロナウジーニョ以外にいなかったこと

が今大会での低調なパフォーマンスの大きな要因でしょう・・・

 

クラブワールドカップ2013【全試合結果・速報】はこちら

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!!

記事は気にいっていただけたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンでシェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す